麻生区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

区民車座集会 市長と意見交換の場 地域の老人施設で初開催

社会

麻生区で前回行われた車座集会の様子
麻生区で前回行われた車座集会の様子
 市民の声が届く身近な市政を目指し、福田紀彦市長が各区の住民から意見などを聞く「区民車座集会」が6月16日(土)、麻生区で行われる。区内では6回目となる今回は地域の特別養護老人ホームを会場にした初めての試みで「支え合いの地域づくりを進めるために」をテーマに進められる。

 市長が直に市民の声を聞く機会としてこれまでに市内で35回催されている車座集会。今年の麻生区集会では、区が田園調布学園大学らと作成した、地域課題などを自己診断で洗い出す「ちいきのちからシート」を使ったワークショップが行われる。その後、市長と参加者が「地域包括ケアシステム」(あらゆる世代が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるための仕組み)などについて意見交換を行う。

傍聴も可能

 車座集会には市長のほか、ワークショップに地域住民や民生委員児童委員、高齢者サークル運営者らが参加、意見交換では高齢者福祉施設関係者、自治会関係者らが参加を予定している。

 当日は傍聴も可能(先着20人※事前申し込みで保育あり)。希望者は会場となるレジデンシャル百合ヶ丘(麻生区東百合丘1の12の35)に直接来場を(開場時間の午前9時45分から受け付け)。

 車座集会に関する問い合わせは麻生区役所企画課(【電話】044・965・5112)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク