麻生区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

「あそびで豊かな生活に」 やまゆりで玩具の広場

教育

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
玩具であそぶ参加者
玩具であそぶ参加者

 玩具遊びや工作ができるフリースペース「にこにこ広場」が、麻生市民交流館やまゆりで6月23日に開催された。

 これは区内を拠点に活動する市民団体「おもちゃと遊びの会」(吉田幸雄代表)が主催するもの。おもちゃ遊びと手で作業する工作を通じて、世代間を越えて交流することが目的だ。

 当日、参加した親子は工作のほか組み立て式の玩具や「おおきなかぶ」の組み木を使った絵本の読み聞かせなどを楽しんでいた。

「木に触れる経験を」

 同団体は昨年から「木育」活動を開始。子どもたちに木に触れてもらうことで、自然への親しみや自然を大切にする気持ちを育むことがねらいだ。「木のおもちゃは匂いや肌触りもわかる。大きくなったときに木のおもちゃで遊んだことを思い出してくれれば」と吉田代表。同イベントでも、東京おもちゃ美術館から提供された木製の玩具のほか、同団体のメンバーによる手作りおもちゃも用意。木製のアイロンや下駄など、ユニークなおもちゃを使って参加者たちは遊んでいた。

 3歳と5歳の娘と初めて参加した女性は「知り合いに誘ってもらって来た。子どもたちは木のおもちゃで繰り替えし遊んだり、5歳の娘は自分で考えながらできるおもちゃで楽しんだりしていた」と感想を話した。吉田代表は「おもちゃで遊び、あそびを学ぶことで豊かな生活が生まれる。おもちゃを通じて子どもからお年寄りまでつながってほしい」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク