麻生区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

「いじめ」公表方法を協議 県いじめ防止対策調査会

社会

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
12月の答申に向け審議を進める
12月の答申に向け審議を進める

 6月18日、横浜市中区の波止場会館で県いじめ防止対策調査会が開催された。同調査会は県教育委員会が主管し、公立学校でのいじめ防止と早期発見、対処のための対策に関して意見を求めるために設置されたもの。

 委員は弁護士、精神科医、臨床心理士、教育関係者等15人で任期2年。

 会議では会長に栁生和男・文教大学教授、副会長に金子英孝・聖徳大学教授を選出。県内公立校における2016年度のいじめの認知件数が前年度よりも大幅に増加。対処の結果、いじめが解消した割合等が報告された。

 今期の諮問事項は「いじめの重大事態に関する調査結果の公表および活用のあり方」と「いじめ等の悩みを抱える児童・生徒に対する相談体制のあり方」の2つ。

 現在、文科省によるいじめの重大事態の調査に関するガイドラインを受け、関係者の意向と公表した場合の影響を総合的に判断した上で公表することになっている点について、委員からは「個人が特定されないよう要旨のみを公開に」「情報共有のためには具体的な記述も必要」「被害者と加害者という認識を排除すべき」「情報公開制度による開示請求に考慮が必要」等の意見が出された。

 また、9月に試行開設されるSNS(スマートフォン等)を活用したいじめ相談窓口も含めて、情報の公開と共有、悩み相談のあり方を審議して行くことが確認された。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク