麻生区版 掲載号:2018年7月20日号
  • LINE
  • hatena

例年よりも早く出荷 多摩川梨 今年の収穫開始

社会

機械で「夏水」の糖度を測る金子昇さん
機械で「夏水」の糖度を測る金子昇さん

 川崎市内で約250年前から栽培され「かわさき農作物ブランド品」にも指定されている「多摩川梨」の収穫が始まる。今年は例年よりも早く、甘みのある梨が食べられるという。

 「多摩川梨」は市内で生産された梨の総称で、江戸時代中期に川崎区の方面から本格的な栽培が始まったという。その後、中原、高津、生田と栽培地は広がり、大正時代には川崎は関東屈指の梨の産地となった。工業都市化や第二次世界大戦の影響で梨畑は減少したものの、復興させようと市は果樹苗導入に助成を実施。1963年には市内で125万平方メートルの梨の栽培面積を誇った。高度経済成長により再び栽培面積は減少し、現在は市内約29万平方メートルで栽培されている。

 麻生区内では現在、十数軒の農家が梨を栽培。早野の「金子梨園」では金子昇さん(80)が30年以上、約5000平方メートルの農地で大小さまざまな梨を育てている。

糖度12以上の梨も

 金子さんによると、今年は例年に比べ実が成るのが早いという。「3月の彼岸の頃には花が咲いていた。雨量もちょうどよく、今まで以上に早く甘い梨が収穫できる」と金子さんは話す。金子梨園では、今シーズンは「夏水」「香麗」といった種類が7月20日頃には出荷できる見込み。今月中には「幸水」「築水」も収穫できるといい、その後も「秀玉」「新高」などの種類が楽しめる。金子さんは「甘い梨の標準となる糖度12以上の実もできている。麻生育ちの梨を味わって」と話している。多摩川梨は直売やセレサモスで購入可能だ。

麻生区版のトップニュース最新6件

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歯科医による健康講座

交流館やまゆり

歯科医による健康講座

口腔機能知り 歯周病予防

5月19日~5月19日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第148回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 後編

    4月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第147回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 前編

    4月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク