麻生区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

例年よりも早く出荷 多摩川梨 今年の収穫開始

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
機械で「夏水」の糖度を測る金子昇さん
機械で「夏水」の糖度を測る金子昇さん

 川崎市内で約250年前から栽培され「かわさき農作物ブランド品」にも指定されている「多摩川梨」の収穫が始まる。今年は例年よりも早く、甘みのある梨が食べられるという。

 「多摩川梨」は市内で生産された梨の総称で、江戸時代中期に川崎区の方面から本格的な栽培が始まったという。その後、中原、高津、生田と栽培地は広がり、大正時代には川崎は関東屈指の梨の産地となった。工業都市化や第二次世界大戦の影響で梨畑は減少したものの、復興させようと市は果樹苗導入に助成を実施。1963年には市内で125万平方メートルの梨の栽培面積を誇った。高度経済成長により再び栽培面積は減少し、現在は市内約29万平方メートルで栽培されている。

 麻生区内では現在、十数軒の農家が梨を栽培。早野の「金子梨園」では金子昇さん(80)が30年以上、約5000平方メートルの農地で大小さまざまな梨を育てている。

糖度12以上の梨も

 金子さんによると、今年は例年に比べ実が成るのが早いという。「3月の彼岸の頃には花が咲いていた。雨量もちょうどよく、今まで以上に早く甘い梨が収穫できる」と金子さんは話す。金子梨園では、今シーズンは「夏水」「香麗」といった種類が7月20日頃には出荷できる見込み。今月中には「幸水」「築水」も収穫できるといい、その後も「秀玉」「新高」などの種類が楽しめる。金子さんは「甘い梨の標準となる糖度12以上の実もできている。麻生育ちの梨を味わって」と話している。多摩川梨は直売やセレサモスで購入可能だ。

麻生区版のトップニュース最新6

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

オンラインで初開催

区総合防災訓練

オンラインで初開催 コミュニティ社会

学習コンテンツなど発信

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

先代の絵に思い託す

一本松工業

先代の絵に思い託す 社会

出品収益を市コロナ対応に

2月5日号

「危険な塀」 撤去進まず

川崎市内通学路

「危険な塀」 撤去進まず 社会

市、助成継続で促進へ

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク