麻生区版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • hatena

ラグビーの楽しさを発信 地元スクールが体験教室

スポーツ

保護者もタッチラグビーに参加
保護者もタッチラグビーに参加
 体育の日の10月8日、麻生ラグビースクール(杉浦輝明校長)が,東京都稲城市にある日本大学稲城総合グラウンドで「親子ラグビー教室」を開催した。

 未経験者などに呼びかけて実施するラグビー教室は、川崎市ラグビーフットボール協会が例年、体育の日に合わせ企画。今年は幼稚園、保育園児から小学6年生まで、約40人が参加した。参加者はスクール生と一緒にパスやタックル練習、保護者も加わりタックル無しのタッチラグビーなどを楽しんだ。

 来年には日本でW杯が開催されるなど注目が集まるラグビー。生徒も増えているという杉浦校長は「ラグビーはコンタクトがある分、安全への配慮がなされている。身体の大小、足が速いなど、個々の特徴が生かせる競技なので、まずはラグビーの楽しさを感じてもらえたら」と話す。

 麻生区内から小3の息子と参加したという母親は「普段は別の球技をやっているが他のスポーツにも親しんでもらいたくて参加した。子どもは楽しそうにプレーしていた」と感想を話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク