麻生区版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

プラスαの演出楽しんで 28日からしんゆり映画祭

文化

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
今年の映画祭のポスターをもつ事務局スタッフ
今年の映画祭のポスターをもつ事務局スタッフ

 24回目を迎える「KAWASAKIしんゆり映画祭」が10月28日(日)から川崎市アートセンターで開催される。多彩なゲストを招くほか発声可能な上映など、映画を見るだけにとどまらない企画を実施する。

 映画祭は1995年に川崎市の「芸術のまち構想」の一環として始まり、市民スタッフが企画、運営の中心を担う。例年、テーマに沿った作品の上映に加え、監督や俳優を招いての講演会やバリアフリー上映、中学生の映画制作ワークショップなども実施している。

「映画はライブの一つ」

 今回は「家族を称えよ!愛を称えよ!映画を称えよ!」をテーマに、家族や愛に関する作品をラインナップ。アジア映画を特集し、ディーン・フジオカ出演でインドネシアが舞台の「海を駆ける」では、出演俳優の阿部純子さんがゲスト登壇(11月4日)。インド映画「バーフバリ 王の凱旋 完全版」は初の試みとして絶叫上映を実施(11月3日)。歓声や応援、コスプレやサイリウムの使用も可能だ。スタッフの越智あいさんは「映画は大きなスクリーンで見るライブでもある。一人で楽しむのもいいけど、多くの人と盛り上がって楽しんでもらえれば」と話す。

 また今回は「小さい頃から映画館に足を運んでほしい」と親子映画鑑賞会が数年ぶりに復活。上映する「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」は「大人にも見応えのある作品」と越智さん。見るだけでなく、作品内容に合わせ立廻り剣術のパフォーマンスも行われるという。

 チケットは同会場などで販売中。詳細はNPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局【電話】044・953・7652、【URL】http://www.main.siff.jp/へ。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク