麻生区版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

住民自治推進へ新施策 市素案に「抽象的」の声も

社会

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 今後の住民自治の新たな仕組みを検討してきた川崎市が、11月15日に素案を発表した。「市民創発による市民自治」などを掲げるが、市議会からは「抽象的」との指摘もある。市は「小さな取り組みを重ね、市民と新しい自治の形をつくりあげていきたい」としている。

 素案は、区民会議などこれまでの自治施策の再検討や各区で開かれた住民検討会の意見などを踏まえて策定された。課題には住民の担い手不足や高齢化、他の会議との重複感などがあがっていた。

 そこで市は、新たな施策では区民の一部ではなく、住民一人ひとりが地域の活性化や課題解決に取り組み、その支援や解決に行政などが協力する仕組みをめざす。そして、その取り組みの活性化や着実な支援のために「地域」「区域」「市域」の3層制を想定。例えば、「地元を盛り上げる祭りをしたい」という地域の取り組みに「区域」の行政やNPOが他団体や専門家を紹介するなどし、さらなる助成や支援が必要であれば「市域」の組織につなげる考えだ。

 また、行政自体のあり方にも言及。助成金に力点を置く支援の見直しや、縦割り行政の解消、職員が地域に入り、一緒に解決策を探る新たな自治体像の構築を計画する。

市「分かりづらさ」認識

 市民参加と協働による地域課題解決の「新しい発想」として素案を発表した川崎市。しかし、その中には「市民創発による市民自治」「多様な主体の連携」など抽象的な表現も多く、ある市議は「市の描く将来像が分かりづらく、市民と共有できるのか疑問。形として見えづらいだけに進捗をどうチェックしていくのか」と指摘する。また、区民会議の元メンバーは「市民が行政に提案、提言できる仕組みは維持されるのか」と不安視する。

 市の担当者は現段階での形の見えづらさを認めつつ、「説明会や広報で丁寧な説明を重ね、浸透を図りたい。実効性については小さな取り組みを積み重ねながら市民と一緒に形をつくり、まずは10年後の2028年を目標年度としたい」とする。また、市民が区政に提言、参加できる仕組みも盛り込んでいきたいとする。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク