麻生区版 掲載号:2018年12月7日号
  • LINE
  • hatena

早野に冬のヒマワリ 東柿生小児童が摘み取り

社会

たくさん摘み取り花束に
たくさん摘み取り花束に

 早野の休耕地を活用した畑で季節外れのヒマワリが咲き、授業の一環で早野を調べている東柿生小学校の5年生が3日に花の摘み取りを行った。

 休耕地の有効活用や景観保全を目的として、川崎市と早野農地管理組合(伊藤幹夫組合長)、JAセレサ川崎、川崎市農業委員会は2016年からヒマワリ栽培を開始。土に還元することで土壌性質の改善に役立つという種類を約6000平方メートルで10万本栽培している。今年は6月に種を植え、8月中旬に見頃を迎えていた。

秋の暖かさ影響

 夏の開花後、堆肥として花を土にすき込んだ際に種がこぼれ、9月から11月の温暖な気候が影響し12月に花が咲いたという。市職員は「想定外の開花。霜がおりるまでは見られるのではないか」と話す。

 摘み取りでは65人の児童が大きなものや形の良いものなど好きな花を選んでいた。児童からは「早野のヒマワリはインスタ映え」「家に飾るつもり」などと感想が上がった。伊藤組合長は「学習や家庭で上手く活用してもらえれば」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク