麻生区版 掲載号:2019年2月1日号
  • LINE
  • hatena

シェア自転車 市内3地区で効果検証 21年度の本格実施めざす

社会

 川崎市は観光施設間の回遊性向上や公共交通機関の補完などを目的に、初めてシェアサイクルの実証実験を市内3地区で開始する。観光や放置自転車対策の効果を調べ、2021年度の本格導入を目指す。

 市は2月1日から12月27日まで、国や近隣の自治体等と合同の社会実験として多摩川流域のサイクリングコース脇などに7カ所、自転車25台を設置する。3月中旬から21年3月末までは市単独で、登戸駅(多摩区)の半径1・5キロ圏内の19カ所に自転車235台分を、小島新田駅(川崎区)の半径1キロ圏内の14カ所に自転車252台分のラックを設置。前者は生田緑地や藤子・F・不二雄ミュージアム等の回遊、後者はキングスカイフロントへの通勤時の活用に重点が置かれている。

 シェアサイクルとは専用ポート(駐輪場)で自転車を借り、別のポートで自由に返却できるサービス。17年度までに国内110都市で導入されている。市は昨年3月に策定した「自転車利用基本方針」に「シェアサイクル施設の整備」を盛り込んだ。シェアサイクルが観光振興を含めた公共交通機関の補完や、放置自転車対策に効果があるか検証することになった。

 実験ではOpenStreet(株)(東京都)が運用するサービス「ハロー・サイクリング」を採用し、同社が得た利用回数、利用時間などのデータは市に提供。有識者らの意見も踏まえ、市は21年度以降の本格導入または実験延長を判断する。将来は全市での展開も視野に入れており、市担当者は「需要があるかは未知数だが、まちの活性化につながれば」と話す。

ポートの確保は

 台湾の台北やパリなどシェアサイクルの1日1台あたりの利用回数が高い海外の都市圏は、ポート密度が高く、バス停留所や鉄道駅前などに多いという。一方、市単独で行う実験ではポート候補地の半数は公園や駅前駐輪場など公共用地だ。市は「空きがあり活用できる用地を選定した」とし、実験中にポートを増やすかは未定としている。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

52校、15人でカバー

中学校給食栄養士

52校、15人でカバー

3月22日号

「ヤマユリの丘」再生めざす

憩いの場にリニューアル

新百合ヶ丘駅南口水景施設

憩いの場にリニューアル

3月15日号

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月15日号

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月8日号

区役所に宅配ボックス

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク