麻生区版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

田園調布学園大学 仮想の街 子どもが運営 2日間で1千人が参加

教育

イベント自体の課題を話し合う議会も開かれた(11日撮影)
イベント自体の課題を話し合う議会も開かれた(11日撮影)

 田園調布学園大学で10日と11日、子どもたちが仮想のまちを運営するイベント「ミニたまゆり2019」が催された。

 同イベントは参加する子どもたちが住民として仮想の役所や銀行、各種サービス業、ゲーム施設などで仕事を行い、対価として支払われる通貨「ユリー」で納税や買い物などを楽しむことができる。

 地域の企業や団体などが職業の提供などで協力し、社会の仕組みを学ぶことができるこの催し。今年は2日間で子ども約1000人が参加し、テレビ番組作りやプロの指導による声優体験、食品サンプル作りなどにも取り組んだ。また食券売り場などの行列といったミニたまゆりが抱える課題を話し合う議会の場も用意され、子どもたちは活発に意見を交わしていた。

 ミニたまゆりを運営する番匠一雅子ども未来学科准教授は「今年は福祉分野の企業が新たに協力してもらえたのが嬉しい。地域ぐるみの催しなので、今後も継続していけたら」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

真の王者へ「川崎対決」

ボクシング

真の王者へ「川崎対決」

3月22日号

発言内容 傍聴席で表示

川崎市議会

発言内容 傍聴席で表示

3月22日号

音あそび体験イベント

横山幸雄コンサート

渾身のショパン タウンニュースホール

横山幸雄コンサート

3月22日号

小学生の球春到来

図書館分館でおはなし会

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

避難勧告時の備えとは

避難勧告時の備えとは

高齢者向け講座を開催

3月29日~3月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

    3月15日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク