麻生区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

田園調布学園大学 仮想の街 子どもが運営 2日間で1千人が参加

教育

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
イベント自体の課題を話し合う議会も開かれた(11日撮影)
イベント自体の課題を話し合う議会も開かれた(11日撮影)

 田園調布学園大学で10日と11日、子どもたちが仮想のまちを運営するイベント「ミニたまゆり2019」が催された。

 同イベントは参加する子どもたちが住民として仮想の役所や銀行、各種サービス業、ゲーム施設などで仕事を行い、対価として支払われる通貨「ユリー」で納税や買い物などを楽しむことができる。

 地域の企業や団体などが職業の提供などで協力し、社会の仕組みを学ぶことができるこの催し。今年は2日間で子ども約1000人が参加し、テレビ番組作りやプロの指導による声優体験、食品サンプル作りなどにも取り組んだ。また食券売り場などの行列といったミニたまゆりが抱える課題を話し合う議会の場も用意され、子どもたちは活発に意見を交わしていた。

 ミニたまゆりを運営する番匠一雅子ども未来学科准教授は「今年は福祉分野の企業が新たに協力してもらえたのが嬉しい。地域ぐるみの催しなので、今後も継続していけたら」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

駅前で白熱 ラグビー観戦

駅前で白熱 ラグビー観戦 スポーツ

得点シーンに200人沸く

8月16日号

鉄道模型で癒し提供

鉄道模型で癒し提供 文化

地元愛好家クラブ 新百合総合病院に展示

8月16日号

プロと市民の演奏会

プロと市民の演奏会 文化

25日 麻生市民館で

8月16日号

地下鉄延伸の説明会

地下鉄延伸の説明会 社会

2市共催で実施

8月16日号

求む「地場産返礼品」

川崎市

求む「地場産返礼品」 経済

8月23日、事業者向け説明会

8月16日号

母親向けヨガ教室

精神保健福祉を学ぶ

精神保健福祉を学ぶ 社会

麻生市民館で7回講座

8月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク