麻生区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘駅周辺 緑地維持推進 計画を改定 人口増など踏まえ新指針

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
新百合丘地区緑化推進重点地区計画
新百合丘地区緑化推進重点地区計画

 川崎市はこのほど新百合ヶ丘駅周辺の緑化推進重点地区計画を改定した。前計画策定から15年ほどが経過し、街況が変化してきたことなどによる今回の見直し。市内に8カ所ある重点地区で計画の改定は初となる。

 「緑化推進重点地区」は都市の顔として緑化推進が効果的で、市街地開発事業などと連携して計画策定が可能な地域。市は2003年に新百合丘と小杉、川崎駅周辺で市民を交えて緑化推進重点地区計画を策定。16年3月までに市内8カ所を重点地区に指定し、各地区で計画を策定してきた。

 「新百合丘地区」は万福寺さとやま公園や弘法松公園、麻生川の桜並木などを含む約190万平方メートルの区域。同区域では人口が計画策定当時の約1万人から1万9700人(18年12月時点)まで増加。また当初の計画に記載されていた、公園の再整備といった事業が行われた後の検証に課題も残ったことから計画の改定が進められてきた。

より具体的に

 新計画では基本方針として、公園と緑道、街路樹などをつなぐ「水と緑の回廊づくり」、緑地の特色を明確にする「多様な緑づくり」、住民に活動参加を促す「緑を楽しむ仕組みづくり」を掲げた。各方針に「拠点を結ぶルート図の作成」「緑に関する講座開設」「イベントの実施」といった取り組みとその主体、達成時期を明記するなど、具体性を持たせた。

 前回の計画策定と今回の改定に市民側で参加した一人、(一財)川崎新都心街づくり財団の白井勇理事は「前回は新ゆりの開発が進む中での策定だった。改めて緑の維持管理を考える計画が今後のエリア再開発の考えの基になれば」と期待を寄せる。市では今後、他の重点地区でも計画の改定を検討していくという。

麻生区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

「東ルート」有力案 根拠示す

地下鉄延伸事業

「東ルート」有力案 根拠示す 経済

広域集客、バス連携を重視

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

気軽に楽しめる巡回公演

東京交響楽団

気軽に楽しめる巡回公演

15日 新百合ヶ丘総合病院

10月15日~10月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク