麻生区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

出会い糧に人生4幕目へ 加藤登紀子さんインタビュー

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
「新ゆりは暮らしの近くに音楽がある印象」と話す加藤さん
「新ゆりは暮らしの近くに音楽がある印象」と話す加藤さん

 「百万本のバラ」「ひとり寝の子守唄」など数々の代表曲で知られ、今秋には歌手活動55周年を迎える歌手・加藤登紀子さん。7月に麻生区でコンサートを行う加藤さんに話を聞いた。

 1965年のデビュー以来、80枚以上のアルバムとヒット曲を世に送りだしてきた加藤さん。近年では音楽フェスに毎年出演するほか、アニメ映画「紅の豚」では声優としてマダム・ジーナを演じるなど幅広く活動。「40代半ばの方がカップルや父母世代と一緒にコンサートに来てくれたりもして」世代を超え親しまれている。

同世代の素敵な見本に

 昨年75歳を迎え「人生4幕目に入った」と語る加藤さん。人生が始まった1幕目、デビューし、結婚や子育ても経験した2幕目。50歳を過ぎた3幕目では、事務所設立など活動を広げる一方、夫との別離もあった。クライマックスと位置付ける4幕目では、旅にコンサートにと、やりたいことが山ほどある。「同世代は素敵な生き方をしたいと頑張ってきた。私が素敵な見本を見せたい」

10年ぶり新ゆり公演

 7月20日には、麻生市民館で約10年ぶりの新ゆり公演を行う。新ゆりは「おしゃれな人が多く、落ち着いたライフスタイルを味わっている」イメージだという。

 同公演では、「たくさんの出会い」をテーマに前半は代表曲やヒットソングを、後半は「愛の讃歌」等のシャンソンを中心に演奏する。加藤さんは「これまでの出会いが、私をここまで連れてきてくれた。生み落してきた歌を歌手として大切に歌いたい」と思いを込める。最後に読者へ「コンサートが終わったときに一番好きな自分に戻れるような楽しい時間を作りますので、ぜひお越しください」とにこやかに話す。

麻生区版のローカルニュース最新6

等々力、一緒に「明日も」

等々力、一緒に「明日も」 文化

SHISHAMO 川崎Fホーム戦でライブ

5月24日号

片道900Km麻生に向かう理由

片道900Km麻生に向かう理由 文化

ベジ&フォーク主催 戸田さん

5月24日号

市内待機児童14人

市内待機児童14人 社会

保留児童は依然2772人

5月24日号

新指揮官に佐藤氏

川崎BT

新指揮官に佐藤氏 スポーツ

北氏はGM就任

5月24日号

「ねこづくし」な写真展

川崎市市民ミュージアム

「ねこづくし」な写真展 文化

岩合光昭さん作品200点

5月24日号

早野で竹林作業を体験

早野で竹林作業を体験 社会

市が主催5回目

5月24日号

学び考える映画上映会

「みんなの学校」

学び考える映画上映会 教育

6月2日 すぎのこ保育園で

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク