麻生区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

片道900Km麻生に向かう理由 ベジ&フォーク主催 戸田さん

文化

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
イベントについて語る戸田さん。11月に開催予定の次回の詳細などはHP(http://vegeforkmarket.com/)で確認を
イベントについて語る戸田さん。11月に開催予定の次回の詳細などはHP(http://vegeforkmarket.com/)で確認を

 5月18日と19日に麻生水処理センターで行われた「ベジ&フォークマーケット」。食品添加物などを使わない自然志向の暮らしを提案する場として2010年に始まったイベントを主催するのが戸田耕一郎さん(43)。現在、戸田さんは麻生から島根県に移住し、イベント開催時は片道約900Kmを車で移動し、運営を続けている。

 会社員時代、夫婦で関心があったオーガニックな食文化を発信しようとイベントをスタート。「新百合に引っ越してきてすぐだったので場所も仲間もノウハウもゼロから始めました」と戸田さん。

 その後、ビデオカメラマン、デザイナーとして独立したことなどを契機に13年、居を移したが催しを止めるつもりはなかった。初回の25店舗から今では2日間で130店以上が参加するまで拡大したが「やれるところまでは自分たちで」と、今も出店者との連絡や調整などは夫妻で行っている。

 島根からの移動も「自分が楽しんでいるから大変とか思ったことはない。好きな子に会いに行く時って距離とか関係ないでしょ。それと同じです」と笑顔を見せる。

 来年で10年、20回を迎える同イベント。「これまでは達成感を得たくて続けていましたが、今は来場者や出店者に喜んでもらい、そんな様子を見るのもモチベーションになった」と戸田さん。ここ数年、近隣でも多様な催事が行われているが「地域の活性には良いこと」としながら、ベジ&フォークにも“新たな何かを”と考える機会も増えたという。「このイベントは駅から近いわけでも派手でもない。何かを感じて来てくれる人に向けてのささやかな催しとしてまずは20回目まで頑張ろうと思っています」。

麻生区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

地域参加で暮らしに彩り

アジサイ色鮮やかに

アジサイ色鮮やかに 文化

柿生の浄慶寺

6月14日号

初の二本立て公演

初の二本立て公演 文化

かわさきレビュー 28日から

6月14日号

ラゾーナ川崎で100日前イベント

ラグビー体験やスペシャルライブも

ラゾーナ川崎で100日前イベント スポーツ

6月14日号

都内で6年ぶり作品展

都内で6年ぶり作品展 文化

アリマ・ジュンコさん

6月14日号

タッチフット体験教室

タッチフット体験教室 スポーツ

6月末、専大グラウンドで

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク