麻生区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

柿生文化を読む

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
講中札
講中札

 「水は天から、貰いもの」降れば洪水、照れば渇水。自然現象を相手とする農業は、台風・水害・日照り干ばつと、村の人たちは生活の中で自然を畏敬してきました。特に稲作にとっての渇水は命取りで、各地で「雨乞い」という農民による信仰が行われています。

 江戸末期この地方に起きた干ばつは、横浜・川崎・町田市史によると、元禄14年(1701)の4月〜5月は34日間雨が降らず、翌々年16年5月、玉川登戸河原の松・杉が枯れた(町田市史)といい、宝暦2年(1752)も厳しい干ばつで、「田場格別渇水仕旱われ候」(市史菅村)とあります。続いて宝暦10年(1760)にも大干ばつがあり、明和7年(1770)の日照りは、水稲はおろか麦・大豆の畑作物まで枯死させたといい、文政4年(1821)は春に雨が降らず夏も少なく、二ヶ領用水では溝の口騒動(市史)を起こしたと記されており、これ等は歴史に残る干ばつでした。谷戸田の多いこの地方では、早野七つ池をはじめとする溜池が造られますが、枯渇の時もあったと思われ、局地的な水不足は村々を襲っており、この「雨乞い」は、各地に多くの伝承・逸話を残しています。

 細山の神明社には、今も2本の竹筒が大切に保存されているそうです。これは大山詣での「雨乞い」に使ったもので、この竹筒伝承は、早野や宿河原にも残されています。相模の霊峰大山は、海抜1252m。山頂に「阿夫利神社」が祀られ、別名「雨降山」と雨乞い信仰で知られ、麻生から相模の大山までは片道40Km、早野に残る伝承は代参人3〜4名が連れ立って夜半に家を出て、阿夫利神社(奥の院)の冷水を竹筒に2個いただき、御神符を貰ってくるもので、途中立ち止まると、水の流れが止まるという縁起から、休まずに帰り、村の人達が待つ「林ヶ池」に竹筒の水を流し、祈祷のお札に水を浸したそうです。細山村の雨乞いも、代参人3〜4名で2本の竹筒を背負い、「サンゲ、サンゲ、ロッコンショウジョー」と夜の山を登り、早野同様、休まず帰ると、ここでは村人が、神明社下の小川を堰き止めて待っており、竹筒の霊水を「種水たねみず」と崇めてそこに流し、御神符を竹竿に挟んで立て、ここでも「さんげ、さんげ、六根清浄」を繰り返し唱え、裸で水を掛け合い、神明社の大太鼓を打ち鳴らして、雷雲の出るのを祈ったそうです。

【後編に続く】

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

8月9日号

あさおマンスリー

8月 August

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

8月2日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第154回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 前編 文:小島一也(遺稿)

8月2日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

How To Care vol.16歯みがきクリームにご注意を!

7月26日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

7月12日号

あさおマンスリー

7月 July

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を

百合丘ふるさとまつり

9月29日~9月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク