麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

神大OB組織 川崎で40年ぶりに復活 市内卒業生 有志が再建

文化

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
川崎市宮陵会メンバー(右から2人目が小林会長)
川崎市宮陵会メンバー(右から2人目が小林会長)

 市内在住の神奈川大学卒業生がこのほど、同窓会組織「川崎市宮陵会」を41年ぶりに復活させた。再建メンバーは活動を本格化させようと検討を進めている。

 (一社)神奈川大学宮陵会は同大と卒業生の連携を図る団体として国内と米国、英国などに地域組織を持つ。川崎では1955年頃に一度発足されたが78年の「支部長改選中」という記録を最後に活動実態が不明となっていた。

 新組織は宮陵会で役員経験がある有志らが昨年9月、準備委員会を立ち上げ、十数人で活動を開始。今年3月の総会で正式に活動を再開させた。

 「大学がある横浜市の隣、卒業生が4千人以上もいる川崎で組織が動いていなかったので、母校の力になろうと思った」と話すのは小林和正新会長(79)=高津区在住。現在は小林会長や設立メンバーらが月1回、同大にある宮陵会館で会合を行い、会のPR手段などを検討している。小林会長は「まずは川崎にOB組織ができたことを知ってもらい、会員を増やすことが第一。愛校心が伝わる活動を行っていきたい」と意気込みを語る。

 同会は今後、神大での関連イベントなどにブースを出展し周知を図っていくという。

麻生区版のローカルニュース最新6

水道料金を減免

川崎市

水道料金を減免 社会

台風19号清掃に伴い

11月15日号

旬の野菜、ヘルシーに

旬の野菜、ヘルシーに 社会

19日は特別ランチ

11月15日号

来期重点施策 市長へ提出

区選出市議団

来期重点施策 市長へ提出 政治

交通網整備など8項目

11月15日号

地域の里山で土に親しむ

地域の里山で土に親しむ 教育

虹ヶ丘小児童が芋掘り

11月15日号

地域美化の輪 着々

地域美化の輪 着々 社会

落書き消し活動に50人

11月15日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月15日号

戦争への思い込め

戦争への思い込め 文化

民藝、三越劇場で12月公演

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク