麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

議会報告 若年層の政治参加啓発を提案 川崎市議会議員 月本たくや

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 6月10日から7月3日までの会期で行われた市議会定例会で、新会派「チーム無所属」団長として代表質問に立ち、教育委員会と選挙管理委員会に対して「投票行動の分析を研究し、若年層の政治参加を啓発していくこと」を提案しました。

 18歳選挙権が始まってから、参議院選挙、衆議院と川崎市長の同日選挙、統一地方選挙が行われましたが、いずれも18歳の投票率が平均投票率より高い数値を示しています。一方で他の年代は、同じ選挙の前回よりも投票率が下がる傾向を示しています。しかしながら、40代は前回よりも増加していたり、統一地方選挙に限り、20代後半が前回よりも増加していたりと、若年層から中堅層の投票行動に少しの変化が現れています。

投票行動結果『分析』を

 「これをすれば政治参加が進む」という特効薬のような取り組みはありません。しかしながら、全般的に投票率が下がる傾向にある中で、このような興味深い結果が出ていることについて、分析をしていくことが必要だと感じています。

 例えば、地域に参加していく機会が増えている川崎市の教育方針の成果が地方選に反映されているのかもしれません。また、18歳選挙権の影響で、親世代の40代の投票率が底上げされたのかもしれません。

 もちろん、政治動向や候補者の顔ぶれで投票率が変わるということもあります。しかし、学校での教育、地域での取り組み、選挙管理委員会の常時啓発など、選挙の時期に限らず、地域の課題を考え、子どもたちにキャリア教育を進めていることが、投票率の成果につながっているという可能性もあります。

若年層から拓く未来

 投票率アップの要因は、様々な可能性がありますが、その様々な事象を分析し、学校教育や地域活動などにおける取り組みを通じ、政治関心を高め、政治参加が促進されることで、未来が拓かれます。

月本たくや

川崎市麻生区白鳥2-3-2

TEL:044-986-6010

http://www.tsukimoto.info/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

生涯現役で働ける社会をめざして

市政報告

生涯現役で働ける社会をめざして

公明党川崎市議団 花輪 孝一

7月19日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

自然災害・対応基盤作り関連事業は急務!〜平成31年第1回定例会報告〜

豊かな財政を市民要求に

豊かな財政を市民要求に

日本共産党 川崎市議会議員 かつまたみつえ

3月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏祭りシーズン到来

夏祭りシーズン到来

区内の開催情報(7月)

7月20日~7月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    7月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク