麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

川崎市 外国人相談窓口を拡充 11言語で対応 7月中めど

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
外国人相談窓口がある川崎市国際交流センター
外国人相談窓口がある川崎市国際交流センター

 4月に施行された「改正入国管理法」の施行を受け、川崎市は市国際交流センター(中原区)の外国人相談窓口を拡充させる。11言語で対応できるよう整備し、早ければ今月中にも業務が始まる。拡充を巡り、市議会文教委員会では「外国人市民が利用しやすい場所に開設すべき」との声も挙がっている。

 相談窓口は、外国人市民の在留手続きや医療、雇用、子育て、教育などでの困りごとや知りたいことを、相談員が最適な機関につなぐ役割を果たしている。これまで、日本語、英語、中国語、韓国・朝鮮語など、7言語で対応してきたが、国の外国人労働者の受け入れ拡大に伴う措置として、新たにベトナム語、インドネシア語、タイ語、ネパール語でも相談を受け付ける。整備費は国からの全額補助で市は1千万円、運営費は国の半額補助で1850万円を補正予算に計上した。

 市内外国人市民数は、4万3817人(5月31日時点)で3月末から1182人増加した。「改正入国管理法」の影響について市は「現時点では分からない」としている。

 窓口拡充を巡っては5月31日の市議会文教委員会で、出席議員から外国人市民の5割近くが川崎区、幸区に在住している点を指摘。「川崎駅前に相談窓口を開設すべきでは」との意見があった。

 市によると「川崎駅前の新設だと、場所探しにかなりの時間がかかる」と説明。また、同センターの窓口に昨年寄せられた相談約1600件のうち、6割が電話、1割がメールだったとし、まずは既存施設での拡充に理解を求める。一方で市は「今後の相談状況や要望を踏まえ、新たな開設場所もありうる」との可能性を示した。

麻生区版のトップニュース最新6

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

防空壕からキクラゲ出荷

区内在住小山仁美さん

防空壕からキクラゲ出荷 文化

「戦争の記憶 知る機会に」

8月9日号

洪水対策、ドローン活用へ

川崎市

洪水対策、ドローン活用へ 社会

民間実験に河川提供

8月2日号

活動30年 主催演奏会に幕

三曲あさお

活動30年 主催演奏会に幕 文化

今後は次世代育成に注力

8月2日号

「夏のイチゴ」収穫に挑戦

区内の農業生産法人

「夏のイチゴ」収穫に挑戦 文化

年間需要見込み、今季から

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク