麻生区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

柿生文化を読む 第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
長沢の道標
長沢の道標

【前編から続く】

 宿河原の雨乞いの行事は、正八幡神社に村人が集まって、御神酒、供え物を献じ、代参人2名が選ばれ、腰に竹筒を携えて阿夫利神社に詣でます。御師(おし)から「霊水」と、「御幣」(ごへい)と呼ぶ竹串に挟んだ紙で折られた神符を頂き帰りますが、八幡社には、四斗樽に2/3ぐらい水を入れた樽が待っており、そこに竹筒の霊水を入れ、「御幣」を捧げ持つ二人の代参人の頭に樽の水をかけ、雨乞いをしたと伝えられます。

 この大山信仰は、雨乞いだけではなく、特に江戸時代、富士山と並ぶ霊山と庶民の信仰を集めていました。4月5日から20日を春山といい、7月27日から8月17日を夏山と呼び、白い行衣、腰に鈴を付け大山詣での講中が山を賑わせますが、それを証明するのが大山街道(現・国道246号線)で、その間道は現・多摩区・麻生区を通っていました。

 多摩区長沢四丁目、米山商店は、「かどや」「ヤンカ」と呼ばれる老舗で、その街角には「大山道」と刻まれた道標と「大山献灯」と呼ぶ燈篭が、昭和初年頃まではありました。ここは、世田谷の喜多見や狛江から、登戸で多摩川を渡り、生田の大道・長沢・王禅寺・恩田を経て相模に通ずる大山道の支道で(今も交差点あり)、その昔、この燈篭は大山詣での善男善女の足元を照らしたと思われ、米山商店主(勝美氏)のお話では、昭和30年頃までは、村の有志により毎年春山(4月5日〜)になると、2〜3基の大山献灯が復元、灯がともされていたそうで、四丁目辻の献灯には注連縄(しめなわ)が張られ、雨乞いが行われていたようです。

 なおこの燈篭による大山信仰の行事は、下麻生にも昭和10年頃までありました。これは山開きの初日より、下麻生の根方講中(字花島)の講員が、現小島商店前に常夜灯を立てて菜種油を灯して、五穀豊穣、村内安全を願うもので、いかに相模の大山が、霊峰として崇められていたかが判ります。

大山燈篭
大山燈篭

麻生区版のコラム最新6

あさおマンスリー

7月 July

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

7月5日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

7月5日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

How To Care vol.15日本は「お口の後進国」

6月28日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

6月21日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

6月14日号

あさおマンスリー

6月 June

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

6月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏祭りシーズン到来

夏祭りシーズン到来

区内の開催情報(7月)

7月20日~7月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    7月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク