麻生区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める 小泉 清さん 上麻生在住 71歳

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

ホッとする環境 残したい

 ◯…地域の里山景観を保全しようと1999年から活動する「早野聖地公園里山ボランティア」。団体設立時にメンバーとなり会長に就いて3年、団体として国土交通省が催す「みどりの愛護」のつどいで功労者表彰を受けた。「正直驚いたけれど、20年間続けてきた甲斐があった」と胸を張る。

 ◯…都内の高校を卒業後、新宿の百貨店に就職。小田急沿線でマイホームを手に入れ、結婚と子育ても順調な35歳の時、人生設計を学ぶセミナーに参加した。「当時、男性がやるべきだといわれていたことを早々に済ませているんだって気づかされた。あとは定年を待つだけかって気持ちになったんです」。日々の暮らしに何かテーマを、と歩を進めたのが人との交流。地域との関わりを求めて参加したのが里山ボランティアだった。入った時はまだ会社員で土日の活動に全く参加できなかったが、「会社に月1回は土曜休みを取るよって無理やりOKをもらってから積極的に参加するようになったんです」。

 ◯…今は子どもたちも独立し妻との二人暮らしを送るが、会の活動や地域講座で講師を務めるなど1日家にいることはほぼない。「会のメンバーから自然に関する質問が来たら何だって答えたいんです」と、今でも環境や緑に関する興味を持ち続け、学びの姿勢を怠らない。

 ◯…都心に勤めていた頃、喧騒から離れ帰宅する時に感じていた安心感は40年暮らす今でもこの場所に残っているという。「道路や河川は太くなったけど、あの頃の雰囲気は残っていてホッとする時がある。だから早野にある里山の自然を維持していきたいんです」。若手メンバーも活発で活動は充実しているが「これからも着々とやっていきたい」と穏やかな笑顔で会を牽引していく。

麻生区版の人物風土記最新6

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク