麻生区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

市政報告 初めての一般質問・高齢者の身体拘束について みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 議員となり初の定例会が6月から7月にかけて開催されました。各会派の代表質問の他、一人30分の一般質問があり、私も質問に立ちました。

 先の議会では【1】高齢者の権利擁護、【2】救急医療センターの充実、【3】地域の新しいコミュニティ施策、【4】公益用地の利活用について質問しました。

医療現場では

 歳を重ねても幸せに暮らす、これに不可欠なのが高齢者の権利を守ることです。しかし医療現場では高齢者に対し身体の拘束をする場合があります。手にミトン、腰に固定ベルト、手足の固定などがありますが、身体拘束はやむを得ない場合を除き、原則避けることが望まれています。

 私には昭和ヒトケタ生まれの母がいます。母が入通院したいくつかの医療施設で、高齢の方が身動きできず、嫌がっている様子を目の当たりにしました。拘束されている状況を悔しがり、涙を浮かべる家族を見るのは辛いものです。

 せん妄や認知症などの方に対する安全の確保は理解できます。医療現場では人手不足の中、皆さん懸命に仕事をしておられます。それでも“患者の身体拘束は避けるべき”との原則が後退して見えたのも事実です(現場ではなく医療を取り巻く環境に問題を感じます)。

身体拘束は最小限に

 市は医療法に基づき「医療安全相談センター」を設けていますが、現状は相談者へのアドバイスがメインです。

 まずは身体拘束しないという原則を再認識し、拘束は最小限にする取り組みを医療機関で改めて検討してほしいと考えます。今回の質問では健康福祉局長に対し、医療機関への周知徹底を訴えました。局長からは「医療機関に対して実施する研修会を通じ、身体拘束に関して助言や情報提供を行ってまいりたい」との答弁をいただきました。今後も注視して参ります。
 

ミント行政書士事務所 鈴木朋子

川崎市麻生区金程4-21-16

TEL:044-954-5815

http://suzuki-tomoko.mints.ne.jp/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

生涯現役で働ける社会をめざして

市政報告

生涯現役で働ける社会をめざして

公明党川崎市議団 花輪 孝一

7月19日号

若年層の政治参加啓発を提案

議会報告

若年層の政治参加啓発を提案

川崎市議会議員 月本たくや

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

自然災害・対応基盤作り関連事業は急務!〜平成31年第1回定例会報告〜

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク