麻生区版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

「休み明け、悩める子に手を」 自死遺族団体 18日シンポ

教育

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
主催団体の理事、篠原真紀さん
主催団体の理事、篠原真紀さん

 学校のいじめ問題で息子を亡くした遺族が、子どもの自殺が多い夏休み明けの異変に備えるシンポジウムを8月18日に開催する。主催者は「子どもの苦しみをどうすればいいか、大人も考えて」と呼びかける。

 主催する一般社団法人「ここから未来」は、いじめや学校事故の研究を行い、情報を発信する。理事の篠原真紀さん=細山在住=は、9年前に中学3年生だった次男の真矢(まさや)さんを自死で亡くした。原因はいじめだった。

 多摩区の市立中学校に通っていた真矢さんは、野球部に所属し、明るく友人も多かった。友人をかばったことで真矢さんがいじめを受けていたと両親が知ったのは、彼が亡くなった後だった。「今思えば、真矢の言葉や行動から小さなヒントはたくさん出ていた」と振り返る篠原さん。「一生、自責の念は抱えていく」

 「人の役に立つ仕事をしたい」と語っていた真矢さんの思いを汲み、篠原さんは夫らと共に同団体を2年前に設立。苦しむ子どもを救いたいと、全国の児童生徒や教員、保護者の前で、真矢さんのことを伝え続ける。

「大人も一緒に」

 内閣府は2015年に、18歳以下の自殺は夏休み明けの9月1日が最も多いと発表。篠原さんは「長い休みの間、辛い思いから離れただけ、学校でいじめが収束していないとわかると、子どもが絶望してしまう」と分析する。

 同団体のシンポジウムは市内で初開催。教員、弁護士、教育評論家の立場からいじめ被害や子どもの命の守り方を伝える。「保護者と学校の先生にも聞いてほしい」と話す篠原さん。「子どもは学校で辛い思いをしなくていい。子どもを救う方法を大人も一緒に考えて」。会場はミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅徒歩3分)研修室1で、午後1時から。資料代1千円、先着90人。申込みや問合せはメール(【メール】coco-info@cocomirai.org)。

 市の調査によると、17年度の市立小中学校のいじめ認知件数は2176件。市教育委員会は24時間子供SOS電話相談(【電話】044・522・3293)を設置し、児童生徒には相談窓口が書かれたカードを配布している。

麻生区版のトップニュース最新6

親子向けに防災冊子

麻生区

親子向けに防災冊子 社会

保育所などで配布中

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

3月上旬に利用開始へ

柿生歩道橋

3月上旬に利用開始へ 社会

工法変更で半年延期

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

ゲームで避難所運営

金程中学校区

ゲームで避難所運営 社会

多世代85人が議論

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク