麻生区版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

在宅シニアの集い1周年 延べ260人が参加

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
恒例の健康体操
恒例の健康体操

 福祉パルあさお(万福寺)で開催している地域の在宅シニア向けサロン「ぐったいむ」が、8月8日に1周年を迎えた。高齢者の社会参画を促す目的で始まり、現在までに260人が参加し会話に花を咲かせている。

 「ぐったいむ」は、ボランティア団体「傾聴あさお」に所属する3人が、訪問ではなく高齢者自身で外に出てきてもらおうと昨年8月に立ち上げた。一人暮らしの高齢者や高齢夫婦が家に閉じこもることなく、社会参画を促すことが目的だ。

 サロン名は“グッド”と“タイム”を合わせたもの。サロンのコンセプトは「自由に立ち寄り、気軽に人とふれあえる」こと。参加者は、名前や年齢が分かるような名札は付けない。主催者の一人、小林雅子さんは「名前を知らずに話せる気楽さを打ち出している。駅に近い会場で、井戸端会議をするつもりで参加してもらいたい」と話す。

 月2回程開催し、健康体操の実施や、ぬり絵、手芸、折り紙といったミニ講座も行っている。昨年8月から1年間の参加人数は延べ260人。参加者や、地域包括ケアセンターから紹介されて参加する人が多いという。

「まさにグッドタイム」

 8日は恒例の健康体操を実施した後、1周年記念の会を開催。小林さんは「どういう風にしたら来てもらえるか不安の船出だった。早いもので1年。来ていただいた皆さんの良い時間、楽しい時間になれば嬉しい」とあいさつ。特別にビンゴゲームを実施し、13人の参加者は午後のひとときを楽しんだ。栗木に住む北川孝義さん(73)は「参加して6、7回目。ただしゃべっているだけだけど、“グッドタイム”を過ごしている」と笑顔で話していた。

 次回は9月12日(木)、午後1時30分から4時15分まで。参加費100円。健康体操や絵手紙のミニ講座を実施。直接会場へ。

麻生区版のトップニュース最新6

地域拠点100カ所洗い出し

地域拠点100カ所洗い出し 社会

「まちのひろば」集約目指す

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

構内に「街中ピアノ」

新百合ヶ丘駅

構内に「街中ピアノ」 文化

常設に向け4カ月実験

11月8日号

水没品 市費修復へ

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

在宅リハビリにIT技術

在宅リハビリにIT技術 経済

区内企業ら 新ソフト開発

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク