麻生区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

川崎市 市社協、JCと「災害協定」 情報共有、人的支援などで連携

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
協定書を交わした三者
協定書を交わした三者

 川崎市は9月1日、川崎市社会福祉協議会(市社協)、川崎青年会議所(JC)と「災害時の相互協力に関する協定」を締結した。大規模災害時における被災者支援を目的に、三者間の情報共有、施設運営への人的支援、支援物資等への作業協力などを定めた。

 また平常時から密な連携を図るため、定期的な会議の開催や、市災害対策本部などの運営に関する訓練も行う。

「若い力」に期待

 翌2日に市役所で行われた締結式には、福田紀彦市長、市社協の佐藤忠次会長、JCの大澤淳一理事長ら関係者が出席。福田市長は「西日本を中心に風水害が起きており、川崎市でいつ発生してもおかしくない状況。自助公助等が必要な中、若く機動力があるJCの支援は有難い。実践的な訓練を積んでいきたい」と、40歳以下で構成するJCへの期待感を示した。大澤理事長は「全国約3万人いる組織力をいかし情報収集などに努め、住み続けられる川崎市の街づくりに貢献したい」と表明。佐藤会長は「若い力は心強い。当会の経験も生かしたい」と話した。

 三者は8日に幸区で行われた「総合防災訓練」で、初めて連携し避難所開設等の訓練を行った。

麻生区版のローカルニュース最新6

温もりある作品を展示

温もりある作品を展示 文化

住宅街のギャラリーで

12月13日号

地域デビュー応援講座

地域デビュー応援講座 社会

1月から全5回

12月13日号

地場産素材で限定ランチ

レストランあさお

地場産素材で限定ランチ 文化

12月は野菜直売も併催

12月13日号

風景印 開局30周年で刷新

栗平郵便局

風景印 開局30周年で刷新 文化

地域色反映の公募作採用

12月13日号

多彩な地域人が交流

多彩な地域人が交流 文化

やまゆりで親交深める

12月13日号

名称「mizoo(ミズー)」に決定

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 文化

インバウンド効果に期待

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク