麻生区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

銀幕で境界超える体験を 25回目のしんゆり映画祭

文化

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
(c)Eros international all rights reserved (c)SKF all rights reserved.
(c)Eros international all rights reserved (c)SKF all rights reserved.

 市民がつくる映画祭「KAWASAKIしんゆり映画祭」が10月27日(日)に川崎市アートセンターで開幕する。25回目となる今年は、価値観や社会、人生が変わる物語に焦点が当てられている。

 同映画祭は、1995年に川崎市の「芸術のまち構想」の一環として始まった。企画、運営の中心は市民スタッフがボランティアで担う。例年、俳優や監督を招くトークショーや副音声付き上映、中学生の映画制作ワークショップなど多彩な内容で実施している。

 今年は「Across the border 〜のり越える想い〜」がキャッチフレーズ。インド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』=写真=や、日本の家族を追ったドキュメンタリーなど国や世代、性別、宗教を超えてつながる物語をラインナップ。映画デビュー20周年を迎えた俳優・井浦新さんの特集や、25周年を記念し佐藤忠男日本映画大学名誉学長が語るアジア映画の特集も組まれている。

プラスαの演出

 上映作を深く楽しめるイベントも多数企画。アニメ映画『若おかみは小学生!』の上映前には作品世界へ誘う太鼓演奏を披露(27日)。90年以上前、当時のソ連で制作されたサイレント映画『掟によって』は、ピアニストの柳下美恵さんが生伴奏を付けて上映する(11月3日)。

 主催者は「トークショーに地元ゆかりの人が登壇するなど、より地域密着イベントになっている。市民が作品を選び、上映にも工夫をこらしているので、ぜひ見に来てほしい」と話している。

 前売券(1100円)は10月6日(日)午前9時から市アートセンターやセブンチケットで販売開始。当日券有。詳細、問合せは同映画祭HP【URL】http://www.main.siff.jp/、同祭事務局【電話】044・953・7652へ。

自転車生活サポート

ご家族みんなの自転車ロードサービスに、賠償事故に備える保険が付いて安心!

https://www.jcom.co.jp/service/bicycle/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6

禅寺丸柿を植え替え

禅寺丸柿を植え替え 文化

保存会が麻生区役所で

2月21日号

胸が白いカラス舞う

胸が白いカラス舞う 社会

鳴き声も独特

2月21日号

「性別とは何か、自分事に」

「性別とは何か、自分事に」 社会

麻生市民館で上映

2月21日号

支え合いの地域づくり共有

支え合いの地域づくり共有 社会

23日区役所で講演

2月21日号

レビューで川崎に希望を

レビューで川崎に希望を 文化

3月13日から定期公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

川崎西税務署

2月21日号

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩 教育

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一緒に自然を守ろう

一緒に自然を守ろう

里山フォーラム

2月22日~2月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク