麻生区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

外国人窓口整備も特集 市の財政構造を分析 市職労と自治研 白書を発刊

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
財政白書を手にする大橋さん
財政白書を手にする大橋さん

 川崎市職員労働組合(萩原周子中央執行委員長)と川崎地方自治研究センター(江井茂理事長)は川崎市の財政構造を分析した財政白書を先月下旬に発刊した。

 白書は、同組合と同センターが2009年から毎年発行する。川崎市が総務省に提出する決算カードをもとに作成。予算と決算には2年のタイムラグがあり、今回は2017年度が対象。

 A4判140ページ。3章で構成され、第1章では、安倍政権の経済政策や財政運営の問題点と自治体財政の関連性について触れる。この中では<国家財政再建のシナリオが見えないなか、そのしわ寄せは国民生活に加え自治体行財政の自立性を損なう方向に向かっている印象を持つ>と述べる。

 第2章は、2017年度の川崎市の収支決算や歳入・歳出の推移などをグラフ、他の政令市の状況とともに紹介し、解説文を添える。ふるさと納税や消費税引き上げ分の使い道などのトピックスを囲み記事で掲載する。

 第3章は、外国人向けワンストップ窓口の整備について特集し、開設に向けた検討経過から綴る。法務省主導による整備への懸念の項では、<入管行政上の対策を講じなければならないとするあせり>から法務省が外国人向けワンストップ窓口の整備を急がせたとの見方を示す。<外国人市民の基本的人権を守るということを信念とする運営を行っていく>ことが現場に求められていると締めくくる。

 執筆に携わった大橋嶺之介さんは「多文化共生施策に携わる方や考えている方にも手に取っていただければ」と話す。

 川崎地方自治研究センターでは、現在、財政白書を無料で配布中。【電話】044・244・7610

麻生区版のローカルニュース最新6

『差別』って何ですか

インタビュー

『差別』って何ですか 社会

和光大学現代社会学科 挽地康彦教授に聞く【1】

7月3日号

福祉まつりも中止に

福祉まつりも中止に 社会

コロナ影響で

7月3日号

ロータリー 新人事

ロータリー 新人事 社会

7月1日付け

7月3日号

市民館ホール抽選

市民館ホール抽選 文化

次年7月、8月分

7月3日号

野菜ソムリエに学ぶ

野菜ソムリエに学ぶ 社会

14日 「菜食健美カフェ」

7月3日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を スポーツ

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク