麻生区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

11月2日開催「アルナ祭」に出演するシンガーソングライター 西川 元さん 王禅寺西在住 24歳

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena

地元発信 人とつながる歌

 ○…関東を中心に活動するシンガーソングライター。真福寺小、王禅寺中央中、生田高校出身で、毎週月曜に新百合ヶ丘駅前で路上ライブを行っている。特養ホーム「アルナ園」の祭りは柿生の飲食店に置いたPRから出演が決まった。「歌ってなかったら出会っていない人たちが応援してくれている。地元ラブな気持ちがあるので、麻生からもっと大きくなっていきたい」と歯を見せて笑う。

 ○…音楽に目覚めたきっかけはマイケル・ジャクソン。『スリラー』さえ知らなかったが、中2の時に彼の映画を見て「スーパースターになりたい」と憧れた。周囲の友達は好きなことを貫いて輝いて見えた。自分も、と高校生で歌とダンスを始めた。学生時代から場数を踏み、千葉のイベントでは企画や演出も手がけた。今年2月からは、自ら営業をかけ町田のカレー店で定期的に弾き語りライブを実施。活動を支えているのは人との出会い。「僕は人に恵まれている。イベント主催者やお客さんといったまったく見ず知らずの人とつながれる音楽って、すばらしい」。ストレートに表現する。

 ○…ライブでは「けっこうポップな」オリジナル曲を披露。好きなアーティストは玉置浩二や星野源。「音楽以外の趣味を見つけたい」と苦笑するが、最近は銭湯で汗を流してリフレッシュする、いわゆる”サウナー”。大学卒業時に進路を心配していた家族も「今は応援してくれている」と、後押しにありがたさを思う。

 ○…目指すのは、気持ちや人柄が出る音楽だ。「『なんか、いいね』って言ってもらうのが一番嬉しい」と笑顔がはじける。来年3月に町田で200人規模のワンマンライブを控え、成功に向け邁進する日々。「僕の曲を聞いてもらい、何か気持ちが動いてくれれば」。熱い思いをのせて歌う。

麻生区版の人物風土記最新6

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桂米多朗さんが登場

桂米多朗さんが登場

12月に「しまりす寄席」

12月15日~12月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク