麻生区版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

川崎市 北部住宅 若年世帯に循環 空き家防止で街並み維持

社会

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
年齢別転出入者数(2014年〜18年平均)資料:川崎市の人口動態、川崎市の世帯数・人口
年齢別転出入者数(2014年〜18年平均)資料:川崎市の人口動態、川崎市の世帯数・人口

 子育て世帯の市外転出を防ぐことなどを目的に、市はこのほど「川崎市すまい・いかすプロジェクト」をスタートさせた。市北部エリアの空き家化防止と合わせ、住まいの循環でこれら課題を食い止めようと対策に乗り出す。

 人口が増加している川崎市だが、2014年から18年の年齢別転出入平均を見ると35歳から44歳、0歳から9歳は転出が上回っている。

 この状況について市まちづくり局担当者は「賃貸から住み替えを考えた子育て世帯が地価の安い市外に転出している」と分析。同プロジェクトは子育て世帯に市内での「中古住宅購入」や「戸建て賃貸」といった選択肢を提供し、転出防止を図ることが大きな目的だ。

市北部エリアに着目

 市が新たな住宅供給先として考えているのが麻生区など北部地域。今年度は民間企業や団体と連携し、子育て世帯と高齢世帯に向けた住宅利活用のセミナーを開催していく。10月9日には麻生市民館で初回のシンポジウムが開催され、約150人が住宅ローンやリフォーム補助制度などの事例報告を聞いた。

 同担当者は「麻生区は高齢化率が高く、持ち家率も市内トップ。改修などで住宅を良質にして世代間の循環を促すことで空き家を生まず、街並みを残していきたい」と話す。市はプロジェクトの一環として、12月を目途に麻生区にモデル地区を設け、具体的な活用の事例を作り出したいとしている。

 取り組みをサポートする企業の一つ、小田急グループの関係者は「川崎市と既に結んでいるまちづくり包括連携の一環として、小田急沿線の活性化に協力していきたい」と話している。

150人が参加した麻生市民館でのシンポジウム
150人が参加した麻生市民館でのシンポジウム

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 コミュニティ社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク