麻生区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

川崎F 賞金で市内被災地支援 ルヴァン杯優勝 心一つに

スポーツ

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
優勝を報告する藁科社長と選手たち
優勝を報告する藁科社長と選手たち

 川崎に元気を届けよう――。台風19号で被災した地域への思いを胸に、YBCルヴァンカップ決勝戦(10月26日)に臨んだサッカーJ1・川崎フロンターレは、接戦を制し、初タイトルを獲得。試合後、藁科義弘社長は優勝賞金の一部を、市内の復興支援に充てる考えを示した。

PK戦、劇的勝利

 4万8119人の観衆が集まった試合開始前、台風19号の被災者への黙とうがささげられた。北海道コンサドーレ札幌との決勝戦でフロンターレの選手は躍動。PK戦にまでもつれこみ、GK新井章太選手の好守備でフロンターレが勝利を収め、サッカーの国内三大タイトルの一つである同カップを初めて手にした。中村憲剛選手は「台風被害にあわれた方を少しは勇気づけられた。大きな勝利」と力を込めた。

 藁科社長は獲得賞金1億5千万円の一部を復興支援に充てることを決断。被災地を思う選手たちを代弁し「川崎が元気になっていただきたい」とサポーターの前で意思を表明した。

 首都圏を襲った10月12日の台風19号は、同クラブの本拠地である等々力陸上競技場周辺にも甚大な被害をもたらした。惨状が伝えられる中、同クラブは「市民とともに歩むクラブとして被災者たちに何ができるのか」を検討。ボランティアを募り、災害ごみの排出作業の手伝いなどに取り組んだ。カップ戦初優勝を懸けた大一番に臨む上で「勝って川崎に笑顔と元気を届けようと、チーム一同、思いを一つにして戦った」と藁科社長は胸中を語る。

 浸水被害地域は依然として支援が必要な状況で、同クラブは引き続き復興に向けた活動を行う。あす2日と11月30日のホームゲームや武蔵小杉駅(11月14日、12月5日)、武蔵溝ノ口駅(11月28日)で、募金活動を行い、市民やサポーターに川崎の被災者支援を呼びかける。

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク