麻生区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた 香川 和彦さん 王禅寺西在住 62歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

個人結ぶ地域フリマに

 ○…今月24日に開催される「福祉応援!王禅寺フリーマーケット」の実行委員長。「地域の老若男女が集まる場をつくるとともに、収益(出店金)を地域に還元しよう」と、25年出店者や運営として携わった多摩区菅のフリマ要素を取り入れた。1年前から近隣の子育て世帯などに声をかけ開催に向けて奔走。「地域を活性化させる目的じゃなくて、きっかけにしたい」と熱い思いを込める。

 ○…製薬会社で長年マーケティング畑を歩み「何かやりたいと思ったら、次に何が必要か筋道立てていくことが好き」。培ったスキルはフリマ準備にも役立ち、開催場所確定には時間がかかったが、地区社会福祉協議会や田園調布学園大学の協力も得た。4年前に多摩区から麻生区に引っ越し、昨年「地域デビュー」。麻生市民交流館やまゆりでスタッフも務める。最初こそ「地域に恩返しがしたい」と活動を始めたが「貢献は結果。活動をやらせてもらえるのが嬉しいし、ありがたい」と1年活動し気づきを得た。

 ○…世田谷区出身で長年小田急沿線に住み続けている。近所に住む6歳の孫には「怒る必要がない」と目を細める。学生時代はラグビーに汗を流した。あらゆる体格の人々が参加する集団スポーツは「個人の力があって成り立つ競技。個人が一人ひとり集まって一つのチームになる。地域社会でも同じだと思う」。

 ○…初開催の王禅寺フリマには約80の出店と、救助犬や点字ブロックの体験といった啓発活動も含む。今後も年1回の開催を計画。規模拡大や福祉、子育てを学ぶ学生との連携を実現させ「地域の中で存在価値を高めたい」。継続して定着させることで人は集まってくる。菅のフリマのように「25年間、88歳まで続けることモットーにやっていきたい」と笑顔を見せる。

麻生区版の人物風土記最新6

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

西川 元さん

11月2日開催「アルナ祭」に出演するシンガーソングライター

西川 元さん

王禅寺西在住 24歳

10月25日号

エルミの感謝祭

10月25日から27日まで、カード会員さまだけのおトクな3日間

https://www.odakyu-sc.com/l-mylord/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桂米多朗さんが登場

桂米多朗さんが登場

12月に「しまりす寄席」

12月15日~12月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク