麻生区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた 香川 和彦さん 王禅寺西在住 62歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

個人結ぶ地域フリマに

 ○…今月24日に開催される「福祉応援!王禅寺フリーマーケット」の実行委員長。「地域の老若男女が集まる場をつくるとともに、収益(出店金)を地域に還元しよう」と、25年出店者や運営として携わった多摩区菅のフリマ要素を取り入れた。1年前から近隣の子育て世帯などに声をかけ開催に向けて奔走。「地域を活性化させる目的じゃなくて、きっかけにしたい」と熱い思いを込める。

 ○…製薬会社で長年マーケティング畑を歩み「何かやりたいと思ったら、次に何が必要か筋道立てていくことが好き」。培ったスキルはフリマ準備にも役立ち、開催場所確定には時間がかかったが、地区社会福祉協議会や田園調布学園大学の協力も得た。4年前に多摩区から麻生区に引っ越し、昨年「地域デビュー」。麻生市民交流館やまゆりでスタッフも務める。最初こそ「地域に恩返しがしたい」と活動を始めたが「貢献は結果。活動をやらせてもらえるのが嬉しいし、ありがたい」と1年活動し気づきを得た。

 ○…世田谷区出身で長年小田急沿線に住み続けている。近所に住む6歳の孫には「怒る必要がない」と目を細める。学生時代はラグビーに汗を流した。あらゆる体格の人々が参加する集団スポーツは「個人の力があって成り立つ競技。個人が一人ひとり集まって一つのチームになる。地域社会でも同じだと思う」。

 ○…初開催の王禅寺フリマには約80の出店と、救助犬や点字ブロックの体験といった啓発活動も含む。今後も年1回の開催を計画。規模拡大や福祉、子育てを学ぶ学生との連携を実現させ「地域の中で存在価値を高めたい」。継続して定着させることで人は集まってくる。菅のフリマのように「25年間、88歳まで続けることモットーにやっていきたい」と笑顔を見せる。

麻生区版の人物風土記最新6

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

今井 祐之(ゆうと)さん

麻生区合唱連盟理事を務めるなど区内で合唱活動に尽力する

今井 祐之(ゆうと)さん

上麻生在住 31歳

11月13日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月6日号

佐藤 季子さん

地域情報サイト「ロコっち 新百合ヶ丘」の編集長を務める

佐藤 季子さん

片平在住 44歳

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク