麻生区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

地域拠点100カ所洗い出し 「まちのひろば」集約目指す

社会

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
自薦他薦問わず募集が行われている
自薦他薦問わず募集が行われている

 麻生市民交流館やまゆりを運営する「あさお市民活動サポートセンター」が地域交流を図っている店舗や施設、行事を「まちのひろば」として集約しようと募集を行っている。市民活動や愛好者集いの場を洗い出し、新たな拠点として共有、発信することが目的だ。

 川崎市は今年3月に「これからのコミュニティ施策の基本的な考え方」を策定。これまで行われてきた区民会議やまちづくり推進組織に代わる市民創発の仕組み作りを進めている。各区では将来的な地域交流の在り方も検討しており、同センターによる「まちのひろば」募集は、麻生区による取り組みの一つだ。

時代の変化の合わせ

 区の委託を受けるかたちで同センターが実施している今回の企画。10月から始めた募集には、1カ月で約20の店舗や施設から応募があった。同センターの植木昌昭理事長は「地域住民が交流を持つ場はこれまで公共機関が担ってきたが、今は店舗やインターネットもその役割を果たしている。市が考える新たなコミュニティ施策のベースになるのが『まちのひろば』。多角化するコミュニティ拠点を明確にすることが募集の目的」と話す。同センターは来年3月までに第1弾として100カ所の応募を目指し、集まった「まちのひろば」の冊子化や交流企画を検討している。

 今年5月に開店した百合ヶ丘のカフェ「轍 WADACHI」は今回の募集に応じた店舗の一つ。店内ライブやレコード愛好者に鑑賞会の場を提供してきた店主の佐々木義典さん(65)は「地域にはいろいろな趣味やキャリアの住人がいて、何かやりたいがどこに行ったら良いか分からないままの人も多い。地域の多様な拠点を紹介していくことで能動的でない人にもきっかけが提供できるのでは」と話している。

百合丘のカフェ「轍 WADACHI」
百合丘のカフェ「轍 WADACHI」

麻生区版のトップニュース最新6

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化 

12月6日号

若手農家、イチゴに着目

若手農家、イチゴに着目 経済

都市型農業の可能性探る

12月6日号

里山学習 地域へ発信

東柿生小6年

里山学習 地域へ発信 文化

初の体験企画を児童発案

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

布で楽しませ40年

ぐるーぷ・もこもこ

布で楽しませ40年 社会

リリオスで「あゆみ」展

11月22日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

桂米多朗さんが登場

桂米多朗さんが登場

12月に「しまりす寄席」

12月15日~12月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク