麻生区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

川崎市 差別禁止条例案を提出 来年7月の全面施行目指す

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は25日に開会した市議会第5回定例会にヘイトスピーチ(憎悪と扇動表現)などを禁じた「差別のない人権尊重のまちづくり条例案」を提出した。来年7月の全面施行を目指す。

 条例案は、前文と5章24条で構成。制定の背景について「不当な差別は依然として存在し、本邦出身者に対する不当な差別的言動、インターネットを利用した人権侵害などの人権課題も生じている」と明記。その上で人種、国籍、民族、信条、年齢、性別、性的指向、性自認、出身、障害などを理由とした不当な差別を禁止する。

 在日コリアンをはじめとした外国人市民に対するヘイトスピーチについては、繰り返し行った場合、市長は勧告・命令し、それでも従わない場合、最大50万円の罰金を科す。ヘイトスピーチに刑事罰を盛り込むのは全国初。

 市は今年6月に同条例案の素案を示し、その後パブリックコメント(意見公募)を実施した。市によると提出数は1万8243件で賛成が64 %を占め、反対は26%だった。条例案はパブコメをもとに、加筆修正が加えられ、勧告・命令の有効期限を6カ月に定めた。被害に係る支援についても「被害の救済を図るため、関係機関等と連携し、相談の実施、情報の提供その他必要な支援を行う」と表現を強めた。

 15日の記者会見で福田紀彦市長は「全会一致が市民の総意である。目指していきたい」と決意を語った。

市民団体は高評価

 同条例案について、市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネット―ワーク」の神原元(    はじめ)弁護士は「ヘイトスピーチを撲滅する目的に沿った堅実着実な内容」と評価した。三浦知人事務局長は「感無量。ワクワクした気持ちでいる」とし、崔江以子(チェカンイヂャ)さんは「素案から撤退することなく心強く嬉しく思う」と述べた。

麻生区版のローカルニュース最新6

野菜ギフトに応募多数

小多機支え合い

野菜ギフトに応募多数 社会

30人が笑顔で受け取り

7月23日号

「交通事故ゼロの麻生区を」

「交通事故ゼロの麻生区を」 社会

交対協ら駅前で啓発

7月23日号

多摩川梨、今年も結実

多摩川梨、今年も結実 社会

麻生区内で出荷開始

7月23日号

景観向上へ 美化活動

エリマネコンソーシアム

景観向上へ 美化活動 社会

新百合ヶ丘駅南口で

7月23日号

「夏休み企画へぜひ参加を」

コミュニケーション・プラザ川崎

「夏休み企画へぜひ参加を」 文化

「第1弾」今月末まで実施中

7月23日号

「ふれあい公園」今年も中止

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter