麻生区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

JR川崎駅前 浮世絵ギャラリー開館 インバウンド効果に期待

文化

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
作品を鑑賞する人たち
作品を鑑賞する人たち

 元参議院議員で川崎市観光協会会長の斎藤文夫さん=川崎区砂子=が長年収集してきた浮世絵を展示する「川崎浮世絵ギャラリー〜斎藤文夫コレクション〜」が今月3日、川崎区駅前本町にオープンした。川崎市の新しい文化発信拠点として、インバウンド(訪日外国人旅行)呼び込みへの期待も高まる。

 同ギャラリーは、JR川崎駅北口に隣接するタワーリバークビル内の「アートガーデンかわさき」に開設。約1カ月ごとにテーマを変え、斎藤さんが収集してきた約4千点の中から趣旨に合わせた作品を展示する。

 斎藤さんは約50年かけて浮世絵を収集。地元川崎や神奈川にまつわる浮世絵のほか、鈴木春信「風流やつし七小町」の全7枚など、希少価値の高い作品も所有し「斎藤コレクション」としてその道では知られている。多くの人に見てもらおうと斎藤さんは2001年、自宅を改造し「川崎・砂子の里資料館」を開設して無料公開してきたが、体力的な限界などから2016年9月に休館した。市民から文化の散逸を心配する声が寄せられたこともあり、市が約1億円かけてギャラリーを整備。川崎・砂子の里資料館から20年間無償提供を受けて作品を展示し、川崎市文化財団が管理運営する。

 2日のオープニングセレモニーで斎藤さんは「新しい川崎の名所として世界に認識してもらいたい」と述べた。福田紀彦市長はインバウンド効果に期待を寄せたほか「小中高生にも見ていただきたい」と語った。

 同ギャラリーでは現在「日本の宝 浮世絵名品展」を開催。開館時間は午前11時から午後6時30分まで。月曜日、年末年始休館。観覧料は500円、高校生以下、障害者とその介助者1人は無料。

テープカットをする関係者
テープカットをする関係者

麻生区版のローカルニュース最新6

ポーセリンアート教室

ポーセリンアート教室 文化

参加者募集

9月18日号

童心帰り和凧づくり

童心帰り和凧づくり 文化

指導員養成の体験会

9月18日号

防災テーマの情報誌、発行

川崎市

防災テーマの情報誌、発行 社会

区役所などで無料配布中

9月18日号

アトリエ柿落舎展

アトリエ柿落舎展 文化

佐藤英行氏主宰クラブ

9月18日号

子どもの食事を考える

子どもの食事を考える 教育

岡上分館で全5回講座

9月18日号

ひたち海浜公園へGO

ひたち海浜公園へGO 社会

「半額バスツアー」読者に贈呈

9月18日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク