麻生区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

「老いを楽しまないと損」 桂文珍さんインタビュー

文化

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
常に笑顔の文珍さん
常に笑顔の文珍さん

 昨年芸歴50周年を迎えた、落語家の桂文珍さん(71)。全国各地で独演会を行うなか、麻生区にも毎年訪れ今年で15回目となる。2月9日(日)に麻生市民館で開催される今年の本番を前に、文珍さんに麻生区公演の思い出や、今後やってみたいことを聞いた。

東京好みに工夫

 「上方落語の楽しさを味わってほしい」と東京近郊でも独演会を行うようになり約20年。関西と関東の行き来を重ねて得たのは、「上方落語の昔のテイストのままではアクが強い。寸止めにして東京の人が好むように」と落語の編集、校正を工夫すること。その工程を「古い仏像を新しい素材を入れずに修復するみたいなもの」と例える。

「川崎の人?」

 麻生区では15年前から新春に独演会を開催。第1回目の日は大雪だった。会場に停めた車が積雪のため斜面を上がることができず「車を皆で押したの覚えている。寒いけれどお客さんがいっぱいの会場はあたたかくて」と思い出に残る。

 麻生区の人々の印象を聞くと「川崎市なのに『私たちは東京都民よ』とでも言うかのように、川崎市民という意識がないところがおかしい」と大きく笑う。そんな麻生区で”テッパンでウケる”のは「皆さんは川崎の人ですよね?」と客席に尋ねることだとか。

 一方「麻生は新しいまちづくりが上手くいっている」とまちの印象も。高齢化が進みつつある中、「社会参画や生きがいが必要になってくる。(落語で)『あー、おもしろかった』と思えるような、まちの文化事業展開のお手伝いができれば」とし、「麻生区でも後味のいい落語を聞いて帰ってもらいたい」。あたたかな眼差しで語る。

芸歴50年を超えて

 芸歴50周年を記念し、2月末から20日間に渡り国立劇場(東京都)で日替わりゲストと独演会を行う。合計40演目、総席数3万超えの大興行だ。落語界の大看板が今後目指すのは「どう引き算して良い間でしゃべれるようになるか」。「どんどん肉体的にきつくなるが、老いをプラスに変えることが美しく老いる手法。歳をとるのを楽しみたい。楽しまないと損」と笑顔を絶やさない。

麻生区版のローカルニュース最新6

個性の輝き 花で表現

夢絵コンテスト

個性の輝き 花で表現 文化

南百合小・岩野さん 市教委賞

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

とんびいけ球場を開放

とんびいけ球場を開放 スポーツ

小学生以下 ボール遊び可

5月7日号

小2生へ 坂本「九九シート」

フロンターレ

小2生へ 坂本「九九シート」 教育

生誕80周年 名前ちなみ作成

5月7日号

体操と歩きで健康に

体操と歩きで健康に 社会

万福寺の公園でイベント

5月7日号

舞台で一緒に合唱を

舞台で一緒に合唱を 文化

高1以上の参加者募集

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter