麻生区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

横浜市営地下鉄3号線延伸を考える【3】 市政報告 ルート案にまちづくりの明確な視点を みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

 これまで再三にわたり私が指摘してきましたバス停留所見落としによる中央ルート(王禅寺公園付近)のバス便の間違いは、11月の「まちづくり委員会」で3方面/100本から7方面/400本へと訂正されました。

 訂正により市の考え方も中間駅に徒歩およびバスでアクセスできる人口は5万人から12万人に変更され、7万人もの見落としを反映できました。

 しかしこれに基づくと、8月の市民説明会での中央ルートに対するまちづくりの視点に関する説明も影響が出てしまうのです。市は中央ルートについて、「北部地域とのアクセス性が限定されることから、より広い地域からの人の利用が期待しにくい」としていますが、内容的に間違った評価となってしまいます。

3案とも課題有り

 3ルート案とも、いずれも駅周辺まちづくりには課題があります。中央ルートではバス交通広場が確保しづらい。東側ルート(ヨネッティー王禅寺付近)では区画整理事業等に課題がある。西側ルート(白山付近)では沿道に対する用途変更をしないと賑わい創造の対応ができない。これら課題を私はこれまで何度も指摘してきました。

 特に市はまちづくりのイメージとしてヨネッティー周辺のみを資料に載せましたが、主要沿道の活性化として図示された2つの区域は1つが建築物の制限がある市街化調整区域であり、もう1つは驚くことに尻手黒川線の連続防音壁が建設されている区域なのです。現地調査しないで実現不可能なイメージを平気で出すことと、1つの駅周辺のイメージだけ出す公正さに欠けるやり方は印象操作であると議会で厳しく追及しました。

 川崎市は何の根拠もない中で東側駅周辺のイメージを添えていますが、駅ができれば勝手に周辺が活性化するわけではありません。3案いずれになるにせよ、最初からまちづくりへの明確な視点を持った上で計画していかないと折角の多額な投資が無駄になってしまいます。

川崎市議会議員 雨笠裕治

麻生区高石3-27-4

TEL:044-955-2417

http://www.e-amagasa.net/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

緊急事態宣言下の川崎市は今

市政報告

緊急事態宣言下の川崎市は今

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

5月1日号

市民要求には後ろ向き大規模事業は大幅増額予算

市政報告

市民要求には後ろ向き大規模事業は大幅増額予算

日本共産党川崎市議団 かつまたみつえ

3月27日号

新型コロナ対応など

突然の非日常のなかで 市政報告

新型コロナ対応など

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

3月27日号

教職員の長時間労働が大きな問題に

市政報告

教職員の長時間労働が大きな問題に

日本共産党川崎市議団 かつまたみつえ

2月14日号

令和の議員活動を振り返る

令和の議員活動を振り返る

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子 市政報告

1月31日号

ルート案にまちづくりの明確な視点を

横浜市営地下鉄3号線延伸を考える【3】 市政報告

ルート案にまちづくりの明確な視点を

みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク