麻生区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

碁盤を囲み国際交流 日中小学生ら区内で対局

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
真剣な表情で碁盤に向き合う参加者
真剣な表情で碁盤に向き合う参加者

 区内万福寺にある新百合子ども囲碁教室で18日、同教室生徒と中国の子どもたちの対局交流会が行われた。

 同教室を訪問したのは、冬休みを利用した民間ツアーで来日していた中国北京棋院養成センターの小学生と保護者、講師ら一行。ツアー関係者が小学生の対戦相手を探す中で同教室に交流を打診し、今回の企画が実現したという。

 当日は新百合子ども囲碁教室の古澤功代表が「日中の子どもたちが日頃学んでいる囲碁で交流を楽しんでください」と挨拶し、対局がスタート。揃いの赤いパーカーを着た中国の小学生と同教室生徒14人ずつが日本方式のルールで2戦ずつ対局を行った。この日は有段者を多く揃えた中国が19勝した。2段の小学生に挑戦するも負けてしまった田頭陸君(柿生小4年・3級)は「日本の子とは違う差し方だと思った。打っていて敵わないなと思ったけど、勉強になって楽しかった。次は頑張りたい」と話していた。

 囲碁のルーツといわれる中国から来た子どもたちと国際交流を行った同教室。古澤代表は「私も中国の方と囲碁をやった経験はない。子どもたちには良い経験となった。囲碁を楽しむ者同士、これからも自分の力を高めていくきっかけになれば」と笑みを見せた。
 

熱戦を見守る場面も
熱戦を見守る場面も

麻生区版のローカルニュース最新6

区民と一緒にまちづくりを

三瓶新区長インタビュー

区民と一緒にまちづくりを 社会

新型コロナ・災害対応など語る

4月9日号

2年ぶりに区民講師講座

2年ぶりに区民講師講座 社会

1回目は「インスタ」活用法

4月9日号

声に出す楽しさ体験

声に出す楽しさ体験 文化

講座「初めての朗読」

4月9日号

特技を地域で発表

特技を地域で発表 社会

登録者募集中

4月9日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

市、マイボトル普及へ

4月9日号

はんこ廃止、4月から

川崎市

はんこ廃止、4月から 社会

オンライン化推進で

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter