麻生区版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

桜木町 県内書家の作品一堂に 約180人が出展

文化

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県を代表する書家約180人の作品が一堂に会する「神奈川県代表書家展」が2月18日(火)まで、桜木町ぴおシティ(JR・横浜市営地下鉄「桜木町」駅直結)内3つのギャラリーで開催中。

「令和」揮毫茂住さんの作品も

 27回目を迎える同展では「日本の文化である書道を身近に感じてもらいたい」という思いから、作者の顔写真を作品に添えたり書家によるギャラリートーク(16日まで)を実施するなどの工夫を凝らしているという。会場には「令和」揮毫で注目を浴びた川崎市在住の茂住菁邨(もずみせいそん)さんの作品も展示され、16日午後2時からギャラリートークも予定。期間中「第13回次代を担う新進作家展」を併催。

 どちらも入場無料。午前10時15分から午後6時30分(18日は4時)まで。問合せは主催のゴールデン文具【電話】045・201・7118へ。

麻生区版のローカルニュース最新6

「芸術のまちコンサート」出演者募集

【Web限定記事】

「芸術のまちコンサート」出演者募集 文化

2021年開催、締切は3月10日まで

2月19日号

五輪・パラリンピック、本当の意味とは

【Web限定記事】麻生市民館

五輪・パラリンピック、本当の意味とは 文化

3月14日 オンライン講座を実施

2月19日号

四季を感じる麻生の写真ずらり

【Web限定記事】

四季を感じる麻生の写真ずらり 文化

市民館で3月10日まで展示中

2月19日号

最優秀賞は「偶然の出会い」 

【Web限定記事】かわさき市美展、2月26日から

最優秀賞は「偶然の出会い」  文化

写真は10年ぶりの受賞

2月19日号

絵画・陶芸など力作ズラリ

【Web限定記事】アルテリッカ美術展

絵画・陶芸など力作ズラリ 文化

3月1日から 新百合21ホールで

2月19日号

市内産イチゴでフロンターレ応援

【Web限定記事】JAセレサ川崎

市内産イチゴでフロンターレ応援 社会

1(イチ)位を5(ゴ)回の語呂に合わせ 

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク