麻生区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

東京五輪ボランティア 市民227人が英国支援 キャンプ地・等々力で始動

社会

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena
施設を見学するサポーターら
施設を見学するサポーターら

 東京オリンピック・パラリンピックの英国代表チーム事前キャンプ地になる川崎市で今月、公募で選ばれた市民ボランティア227人が始動。選考後初の研修会が等々力陸上競技場で開かれた。代表チームを迎える7月に向け、準備を進める。

 ボランティアは「川崎キャンプサポーター」と称し、英国代表チームが利用する練習・宿泊施設の準備運営や警備、受付、通訳などを担う。市内在住または在勤、在学者で18歳以上、などの応募条件で昨年7月に募集。定員の5倍近い1601人から応募があり、市は人柄や語学力などを把握するための面談やグループ討論を行った。

 2月18、24日のサポーター向け研修会では、陸上競技や女子サッカー、7人制ラグビーの練習施設になる等々力陸上競技場で、活動内容を説明。期間中に選手やチームスタッフからどんな要望があるか、サポーターとして準備することなどを考えるグループ討論も実施した。参加者からは、用具や補助具の英単語やケガや応急処置への知識を備えたいという声が挙がった。このほか、「近隣のコンビニや食事処を聞かれるかも」「聞かれたら応えられるよう川崎の歴史や名所・名産も勉強したい」というおもてなしに関する内容もあった。研修を終えた30代の武田美樹さんは「生まれも育ちも川崎市なので、市民として五輪に関われてうれしい。代表チームに川崎の良いところが伝わるといい」と意気込みを語った。サポーターは3月から複数回、英国オリンピック委員会による英語での研修会を受講する。

落選者集い新団体を発足

 サポーター落選者が多かったことを受け、市は新団体「GOGB! 川崎応援パートナー」を発足。英国応援活動への参加を約1300人の落選者全員に呼び掛けたところ、250人が応えた。今後、7月の聖火リレーや8月のパラ聖火フェス等に向けて活動する。

麻生区版のトップニュース最新6

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

オンラインで初開催

区総合防災訓練

オンラインで初開催 コミュニティ社会

学習コンテンツなど発信

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク