麻生区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

川崎市 3カ所にPCR検査場 市医師会運営 態勢充実へ

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
検査場での検体採取(模擬)=11日
検査場での検体採取(模擬)=11日

 川崎市は5月11日、新型コロナウイルス感染の疑いがある患者の検体を採取する「PCR集合検査場」を市内3カ所に開設。同日に2カ所、12日には1カ所で始動した。

 市内8病院(11日時点)に設置する「帰国者・接触者外来」でこれまで担っていた検体採取の態勢を充実化。重症患者の治療にあたる病院の負担軽減を図る。

 検査場の場所は非公表で、運営は川崎市医師会に委託。1カ所あたり医師と看護師が各10人弱、事務員数人の規模で受け持ち、原則各日1人ずつ配置している。検査対象はかかりつけ医等に検査が必要と診断された人で、予約制で行う。

 検査は既存の扉を活用し、ボード越しに医師が手袋で患者の鼻から検体を採取。電話ボックス型もあり各所で異なる。3カ所でそれぞれ週2、3日程度、1日約2時間開所し、検査数は1カ所あたり1日数人。市医師会によると、1週間に最多で合計70人程度を想定している。検体の遺伝子検査は民間会社に依頼。翌日以降に結果が出るまで、患者と家族は自宅待機しなければならない。

 市医師会の岡野敏明会長は「検査のニーズが増えれば、実施件数の拡大も検討する」とし、「マスク着用や手洗い、人との適切な距離を保つなど基本的な対策を継続してほしい」と呼びかける。

 帰国者・接触者外来による検体採取の件数は、4月上旬に最多の1日約130人。現在は多い日で50人程度という。これまでは感染の疑いがあっても「帰国者・接触者相談センター」への連絡を勧められ、医師が必要と判断しても迅速な検査が行えなかった。

 市担当者は「検体採取を担い疲弊していた病院の負担減につながる」と期待する。

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク