麻生区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 児童虐待相談は減少傾向 休校で潜在化を危惧

社会

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はこのほど、市内児童相談所への児童虐待相談通告数を発表した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛が続く中、家庭内での児童虐待を心配する声が全国で広がっている。

 市によると2月末の政府による休校要請以降、相談件数は減少しているという。これは学校や幼稚園・保育園が休校もしくは縮小しているために、これまで相談が多かった学校などからの通告が減ったことによるものと市は想定している。市児童家庭支援・虐待対策室は「昨年12月、今年1月まで相談件数は増加傾向にあった。新型コロナにより休校となってから少なくなったのは事実。しかし、児童虐待が減少しているとは考えていない。あらゆるメディアや方法を使って、虐待を受けている子どもや『もしや』と思っている人たちに、相談できることを伝えていきたい」と呼び掛けている。

 児童相談所への相談通告件数は、1月が269件、2月が204件、3月が245件、4月が210件で、昨年4月の件数は250件だった。

 同対策室は「虐待に気づけずにいる場合が多いのかもしれない。学校再開後はより一層、教育機関と連携を図り、対応していきたい」としている。

 虐待への通報は「189」番へ。近くの児童相談所につながる(24時間365日対応、無料)。

 

麻生区版のローカルニュース最新6

野菜ギフトに応募多数

小多機支え合い

野菜ギフトに応募多数 社会

30人が笑顔で受け取り

7月23日号

「交通事故ゼロの麻生区を」

「交通事故ゼロの麻生区を」 社会

交対協ら駅前で啓発

7月23日号

多摩川梨、今年も結実

多摩川梨、今年も結実 社会

麻生区内で出荷開始

7月23日号

景観向上へ 美化活動

エリマネコンソーシアム

景観向上へ 美化活動 社会

新百合ヶ丘駅南口で

7月23日号

「夏休み企画へぜひ参加を」

コミュニケーション・プラザ川崎

「夏休み企画へぜひ参加を」 文化

「第1弾」今月末まで実施中

7月23日号

「ふれあい公園」今年も中止

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter