麻生区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

区内有志グループ 医療ガウン1640着製作 ごみ袋利用 現場に提供

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
ごみ袋で作ったガウンを着る門平きょう子さん(左)と藤岡たか子さん
ごみ袋で作ったガウンを着る門平きょう子さん(左)と藤岡たか子さん

 麻生区内の有志グループが、新型コロナウイルス感染症拡大予防のために品薄となっている医療用ガウンをごみ袋で作り、医療現場に届け続けている。5月中旬から提供を始め、その数は1640枚(6月20日現在)。着脱のしやすさや動きやすさ、安全性など現場のスタッフの声を聞きながら、改良を重ねた。「少しでも役に立ててもらえれば」と同グループ。

 発起人は藤岡たか子さん(片平)と門平きょう子さん(白鳥)の2人。4月上旬、コロナ禍で医療用具が不足していることから、自分らにできることはないかと調べてみると、ごみ袋で作った医療用ガウンがあることを知る。知人・友人や趣味のグループなど、有志約30人が集まり、「医療用ガウン作成プロジェクト」チームを結成した。

 70リットルのごみ袋を2枚使って作る医療用ガウン。5月中旬から提供を開始した厚木市立病院へはこれまでに1400枚ほどを納入し、改良も重ねてきた。袖がまくり上がらないように親指を通す穴の位置を調整したり、体系に合わせてSサイズを作ったりし、同病院は「不足している時に声をかけていただき、本当に感謝しています。また着脱しやすいように工夫してくれるなど、とっても使いやすいと現場からも声が上がっている」と話す。これまで聖マリアンナ医科大学病院や高齢者施設にも提供してきた。

 新型コロナの流行が落ち着いてきたことから、今後は病院への提供は休止する。ただし、地元の高齢者施設などへの提供は要望があれば行っていくという。「私たちにできることがあれば、今後も行っていきたい。助け合いながら、この状況を克服できれば」と2人は話している。

麻生区版のトップニュース最新6

バリアフリー情報を集約

バリアフリー情報を集約 文化

芸術・文化13施設 地図に

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

駅構内で地場野菜PR

小田急電鉄×地元農家

駅構内で地場野菜PR 社会

 魅力発信へ、初のコラボ

4月2日号

認知症対応で区表彰

トヨタカローラ新百合ヶ丘

認知症対応で区表彰 社会

官民の連携強化へ

4月2日号

「大好きな町に恩返し」

片平小6年

「大好きな町に恩返し」 教育

卒業制作の布巾、37カ所へ

3月26日号

冊子「まちのひろば」完成

麻生区民が協力

冊子「まちのひろば」完成 社会

施設など紹介 4月に配布

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク