麻生区版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

男性カップルが宣誓 市、パートナーシップ制度開始

社会

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena
宣誓書受領証と受カードを手にする2人
宣誓書受領証と受カードを手にする2人

 LGBTなど性的少数者の生きづらさ解消を目的にした「川崎市パートナーシップ宣誓制度」が7月1日、施行され、初日には市内在住の男性カップルが宣誓した。2人は「多くの自治体でパートナー制度が広がり、税や婚姻など国の制度が変わるきっかけになれば」と話している。

 30代と20代のカップルで同じ会社に勤め、そこで知り合った2人。30代の男性は、2015年に国内で初めてパートナー制度が施行され、大都市を中心に導入が広がる中、「早く川崎市でも」と願っていた。昨年末、川崎市でも検討していることを知り、「やっと導入される」と喜んだという。施行前に市は、不動産業界など関連する業界に意見を求めた。「民間企業にも広くこの制度のことを呼びかけてくれ感謝したい」

 2017年には2人で社内の制度に沿って、パートナーとして公正証書を作成し届け出て、結婚した場合と同様の福利厚生を受けている。また川崎区内に今年、一戸建てを共同で購入した。公正証書の作成により、共同での住居購入やクレジットカードの家族カードの作成も可能になったという。今の状況に不満はないという2人だが、20代の男性は「今後は予想していない不自由に直面するかもしれない。病院で家族としてみなしてくれるか心配だったが、行政が後押ししてくれるのは心強い」と話す。

 LGBT当事者を取り巻く環境について、20代の男性は「働いて納税もして、ただ大切だと思う人が同性だっただけ。男女カップルと同じように平等に生活できれば」と話し、30代の男性は宣誓制度を受けて「パートナーとして承認されたことで、責任を持って生活していかなければ、と改めて感じた。2人でしっかりと歩んでいきたい」とコメントした。

麻生区版のローカルニュース最新6

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯

【Web限定記事】

新百合ヶ丘駅周辺イルミ夜8時消灯 社会

緊急事態宣言受け

1月22日号

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方

【Web限定記事】

多彩な講師から探る、"広い視野を持つ"人の幸せな生き方 社会

麻生市民館がオンライン講座

1月22日号

男女の愛情の行方は

劇団民藝

男女の愛情の行方は 文化

若手中心に2月公演

1月22日号

原さん、舞台で肉体美披露

【Web限定記事】川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美披露 文化

1月22日号

「自宅で確定申告」呼びかけ

新田ジム

「自宅で確定申告」呼びかけ 社会

白崎選手ら税務署大使に

1月22日号

やまゆり休館

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク