麻生区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

市内の出来事 「川崎大仏」もっと黄金色に 眞宗寺”サービス精神”とは

文化

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
間もなくお色直しが始まる大仏像を前に詳細を説明する小原副住職
間もなくお色直しが始まる大仏像を前に詳細を説明する小原副住職

 高津区内・下作延に本堂を構える浄土真宗本願寺派の「眞宗寺」(【電話】044・965・0965)が建立した「川崎大仏」にこの程、大がかりな”お色直し”を施す事となった。「コロナ禍の世の中、少しでも多くの方に明るい話題を」と話すのは、同寺・副住職を務める小原靜寛氏。果たして、その詳細は―?

「3・11」機に建立

 元々、本堂の横に「川崎大仏」を建立している同寺。だが今回話題となっているのは、麻生区の緑多き丘陵部にある「眞宗寺・川崎霊園」の大仏像。無縁仏などを足元で供養するために造られたこの像は、高さ約15

メートル。東日本大震災に見舞われた2011年「多くの人に安らぎを」などといった名目の下で建立された。その黄金色に輝く佇まいは、同寺の象徴的存在のみならず、昨今のパワースポットブームも相まって地元の観光ガイドでも度々紹介されるなど各方面で話題を振りまいている。

コロナ禍明るい話題を

 今回の”お色直し”は、この大仏像に金箔を貼り付ける、というもの。巨大像全体に10センチ四方の金箔を1枚ずつ貼っていくため、用意された金箔の枚数は実に3万枚にも及ぶのだとか。それでも「家族揃ってご先祖様を敬える、そんな場所にしたい」という同寺の願いを込め、正真正銘の「黄金大仏」にする事を決めたのだという。

 ちなみに作業は7月21から始まり、8月8日にお披露目される予定。「良い塩梅の日が当たる15時から16時に、特にきれいに輝きますよ」と小原副住職。拝観は無料のため「一度気軽に観に来てもらえれば嬉しいですね」と呼び掛けている。

 また「コロナ禍が長引き、先の見通せない暗いニュースが増える中、一人での多くの方々に文字通り『明るく輝く話題』を提供できれば」とも。より黄金色の輝きを増す大仏像からは、同寺ならではのサービス精神のようなものを垣間見る事ができるかもしれない。

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は"ひと味ちがう"ジャズ

今年は"ひと味ちがう"ジャズ 文化

8日、音大生企画公演

4月16日号

13年目の春がきた

13年目の春がきた 文化

18日開幕、5月16日まで

4月16日号

3世代で、縁の下の力持ち

3世代で、縁の下の力持ち 文化

アートボランティア“柴田ファミリー”

4月16日号

やまゆりで「フラ」体験

やまゆりで「フラ」体験 文化

23日、区民講師講座

4月16日号

地元野菜に長蛇の列

小田急×地元農家

地元野菜に長蛇の列 社会

直売企画 2回目も盛況

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter