麻生区版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

国際ソロプチミスト川崎-百合の会長を務める 渡邉 晏規さん(本名:渡邉あつ美) 市内在勤 62歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

つながるご縁が原動力

 ○…女性と女児を支援する社会奉仕団体、国際ソロプチミスト川崎―百合の会長に7月就任。入会から約10年、会長職の抜擢に「会員の皆さんに支えてもらっている。会に新しい風を吹かすことも期待されているかも」と気を引き締める。就任早々、活動は例年通りとはいかないが「女性専用シェルターへの食糧寄付や古切手の回収といった地道な活動を、絶えず続けていきたい」。

 ○…世田谷区で育ち、今も暮らす。ガールスカウトの経験があり「大人になっても奉仕活動をしたい」と思っていた。同会にはロータリアンだった父がきっかけで入会。数年前、「国際女性デー」にあわせて新百合ヶ丘駅前で行った広報活動で、多くの若い世代がチラシを受け取ってくれたことが印象に残る。「若いうちから意識をもってもらえることが嬉しい」。同時に、子育て経験からも、若い母親の支援に関心も向ける。「虐待のニュースが多いが、誰に助けを求めていいか分からない人は多い。子育て経験者がもう少し力になれれば変わっていくのでは」

 ○…20年前から高津区でプロモーションメイキングのサロンを経営。幼少期は人と接して何かするのは苦手だったが、「仕事を始めて自分も変わったと思う。誰かをサポートする、この仕事が好き」と一層いきいきとした語り口に。リフレッシュは車の運転。母がいる熱海まで行き温泉に浸かるのが至福のときだ。

 ○…いつも大切にするのは「ご縁を大事に」。「人と人とのつながりが生きていく一番の術」と言い切る。会長としてのソロプチミスト活動は、予期しないスタートとなったが「会員の増強と地域の皆さんに浸透していくアピールを柱に、1年楽しく活動したい」とにこやかに語る。

麻生区版の人物風土記最新6

秋葉 達也さん

4月1日付で麻生消防署長に就任した

秋葉 達也さん

区内在勤 58歳

4月16日号

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

安藤 圭太さん

若手農家グループ「畑から台所へ。」のメンバーでイチゴ農園「スローファーム」を営む

安藤 圭太さん

片平在住 34歳

4月2日号

佐々木 直子さん

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた

佐々木 直子さん

千代ヶ丘在住 60歳

3月26日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

宮前区在住 83歳

3月19日号

秋元 茂さん

プロの写真家として、しんゆり交流空間リリオスで写真教室の講師を務める

秋元 茂さん

高石在住

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter