麻生区版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

国際ソロプチミスト川崎-百合の会長を務める 渡邉 晏規さん(本名:渡邉あつ美) 市内在勤 62歳

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

つながるご縁が原動力

 ○…女性と女児を支援する社会奉仕団体、国際ソロプチミスト川崎―百合の会長に7月就任。入会から約10年、会長職の抜擢に「会員の皆さんに支えてもらっている。会に新しい風を吹かすことも期待されているかも」と気を引き締める。就任早々、活動は例年通りとはいかないが「女性専用シェルターへの食糧寄付や古切手の回収といった地道な活動を、絶えず続けていきたい」。

 ○…世田谷区で育ち、今も暮らす。ガールスカウトの経験があり「大人になっても奉仕活動をしたい」と思っていた。同会にはロータリアンだった父がきっかけで入会。数年前、「国際女性デー」にあわせて新百合ヶ丘駅前で行った広報活動で、多くの若い世代がチラシを受け取ってくれたことが印象に残る。「若いうちから意識をもってもらえることが嬉しい」。同時に、子育て経験からも、若い母親の支援に関心も向ける。「虐待のニュースが多いが、誰に助けを求めていいか分からない人は多い。子育て経験者がもう少し力になれれば変わっていくのでは」

 ○…20年前から高津区でプロモーションメイキングのサロンを経営。幼少期は人と接して何かするのは苦手だったが、「仕事を始めて自分も変わったと思う。誰かをサポートする、この仕事が好き」と一層いきいきとした語り口に。リフレッシュは車の運転。母がいる熱海まで行き温泉に浸かるのが至福のときだ。

 ○…いつも大切にするのは「ご縁を大事に」。「人と人とのつながりが生きていく一番の術」と言い切る。会長としてのソロプチミスト活動は、予期しないスタートとなったが「会員の増強と地域の皆さんに浸透していくアピールを柱に、1年楽しく活動したい」とにこやかに語る。

麻生区版の人物風土記最新6

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月22日号

藤本 智美(としみ)さん

「かわさきマイスター」に今年度認定された「エチエンヌ」オーナーシェフの

藤本 智美(としみ)さん

岡上在住 49歳

1月15日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区渡田山王町在住 36歳

1月8日号

今井 雄也さん

市民団体「あさおのSDGs」代表を務める

今井 雄也さん

上麻生在住 43歳

1月1日号

小野 さくらさん

災害時地域ネットワークづくりを進める「まごころキッチンプロジェクト」の代表を務める

小野 さくらさん

千代ヶ丘在住 44歳

12月4日号

小林 亜希子さん

麻生区内をはじめ全国で活躍する二胡奏者の

小林 亜希子さん

万福寺在住 

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク