麻生区版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

朝ドラ『エール』で話題 古関裕而の足跡 大倉精神文化研究所・刑部氏に聞く

社会

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena
レコードを手にする刑部芳則さん
レコードを手にする刑部芳則さん

 NHK朝の連続テレビ小説『エール』。その主人公のモデルとして話題の人物が、昭和時代の名作曲家・古関裕而氏(1909〜89)だ。

 そんなドラマの風俗考証を担当したのが、大倉精神文化研究所(横浜市港北区)客員研究員の刑部芳則さん。長年にわたり古関氏の研究を続ける第一人者の刑部さんに、人物像や神奈川県との関わりを聞いた。

音楽の天才

 「一言で表すなら”音楽の天才”」。生涯で約5千の楽曲を生み出したと言われる古関氏だが、驚くべきはその数だけでなく作曲方法だ。「すべてを脳内で。景色を見るだけでも自然と音楽が流れてきて、それを楽譜に起こすだけで完成させてしまった」という。有名な軍歌『露営の歌』も、電車内で作りあげたそうだ。

 さらに特筆すべきは多様性。軍歌から歌謡曲、大企業の社歌から小さな学校の校歌まで、依頼されたら断ることなく曲を作ったという。例えば、代表曲の一つに1964年東京五輪の『オリンピック・マーチ』や高校野球の『栄冠は君に輝く』があるが、実は古関氏は運動音痴。「全くスポーツをしなかったが、心に刺さる名曲を作れたのは天才的な感性の賜物。ジャンルの広さからは、”どんな曲でも作れる”という古関さんの自信が垣間見えます」

神奈川と古関氏

 古関氏の功績は、ここ神奈川県にも遺る。相鉄線を運営する相模鉄道株式会社の創設50年記念で社歌を作った。また横浜市立大学の校歌も作曲を担当している。

 特に大きなつながりがあるのが、聖マリアンナ医科大学(宮前区)。長女・雅子さんの結婚相手が同大学の設立に関わった染谷一彦さんだったのがきっかけで、校歌の制作を引き受けたという。縁は続き、同大学病院はかかりつけ医院になり、最期の時も過ごした。また、妻・金子さんの「富士山の見えるところがいい」との願いから、同市内の春秋苑(多摩区)を安息の地に選び、いまもなお眠っている。

 晩年は体力の衰えから作曲活動を停止していたが、入院中も瞑想にふけっていたという。「脳内には音楽が流れていたようで。体力は衰えていても音楽の力は最期まで残っていたのでしょう。古関さんの頭の中にあった幻の名曲を聴くことができないのは残念です」と天才作曲家への想いを馳せた。

麻生区版のローカルニュース最新6

おめでとうフロンターレ

おめでとうフロンターレ スポーツ

V祝い横断幕掲出

12月4日号

納豆の原料・大豆収穫

納豆の原料・大豆収穫 社会

岡上で80人が参加

12月4日号

電子音楽を「生」体験

電子音楽を「生」体験 文化

昭和音大生が演奏会企画

12月4日号

リリオスで人形劇

リリオスで人形劇 文化

来年1月 2本上演

12月4日号

重点予算要望 市長に提出

麻生区選出市議団

重点予算要望 市長に提出 政治

コミュニティ交通など8項目

12月4日号

市若さん三題噺演じる

市若さん三題噺演じる 文化

 あす、検証実験落語会

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク