麻生区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

11月に麻生市民館で開催される、ベートーヴェン・メモリアル・オーケストラ特別演奏会で指揮する 横島 勝人さん 金程在住 56歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

音符を躍らせる「料理人」

 ○…麻生市民館で11月月、自身が立ち上げたワークショップ参加者らで編成する弦楽オーケストラを指揮し、チャイコフスキーやベートーヴェンを披露。聴きどころは「弦の響きは迫力があるし、4つの楽器の音で十分表現できる」ことだ。観客には「クラシックと肩肘張らず気楽に聞いてほしい」とほほ笑む。

 ○…大阪、高槻市の生まれ。サッカー少年だったが、ひょんなことから請け負った中学の吹奏楽の指揮に楽しさを感じた。「指揮者になりたい」と高校では吹奏楽部へ。「でも部活では指揮の機会はなかった」と苦笑するが、ホルンを担当しそのまま音大に進学。卒業後、遊びにいくつもりだったヨーロッパで「本格的に指揮を学ぼう」とウィーン留学を決意。現地でアルバイトしながら、34歳まで7年間、武者修行した。

 ○…帰国後は、市内をはじめ国内オケでタクトを振るほか、勉強会やオペラ、音楽祭にも携わる。「音符が躍るような、音楽の魅力を最大限に引き出せるか」。指揮をする上で最も考えることだ。指揮者とは「プレーヤーのこともよく知り、音符という素材を良くして提供する、『シェフ』のようでもある。一番おもしろい点」。きらりと笑顔を見せる。

 ○…都内での練習から戻ってくると「自然の中で空気も違う。ホッとする」という麻生区。地元開催に「これを機会に、麻生区のイベントに参加したり協力できることがあればやりたい」と意欲を見せる。次世代の音楽家を育てるためにも、幼児や小中学生たちにどうやってクラシックに興味を持ってもらうかを今後の課題と考える。「映画に行くようにクラシックを聞く環境を、僕たちがエンターテイメントとしての要素をつくっていく必要がある」

麻生区版の人物風土記最新6

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

安藤 圭太さん

若手農家グループ「畑から台所へ。」のメンバーでイチゴ農園「スローファーム」を営む

安藤 圭太さん

片平在住 34歳

4月2日号

佐々木 直子さん

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた

佐々木 直子さん

千代ヶ丘在住 60歳

3月26日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

宮前区在住 83歳

3月19日号

秋元 茂さん

プロの写真家として、しんゆり交流空間リリオスで写真教室の講師を務める

秋元 茂さん

高石在住

3月12日号

築野 俊雄さん

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める

築野 俊雄さん

片平在住 71歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter