麻生区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

しんゆり映画祭 映画と街に添い、再始動 昨年の問題検証を実施

文化

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
記者発表で話す安岡実行委員長
記者発表で話す安岡実行委員長

 「第26回KAWASAKIしんゆり映画祭2020」が10月25日と30日〜11月1日の4日間に渡って開催されることが6日、発表された。昨年の同祭で起こった映画「主戦場」の取り止めを受け、運営体制を一新。多様性や個性を尊重する映画祭のポリシーを受け継ぎ10作品を上映すると同時に、公開講座で昨年の問題検証を行い、再スタートを切る。

 今年は「映画とともに まちとともに」をキャッチーコピーに開催。「コロナ禍の中、気づきや心に力をもらえる映画を届け、映画を応援したい」と10作品をラインナップ。大林宣彦氏と今村昌平氏の両監督作品を核に置き、その独自性を届ける。視聴覚や身体に障害のある人も映画を楽しめるよう、副音声イヤホンガイド付上映なども実施。川崎市アートセンターで上映される。

 新百合21ホールで行われた記者発表で、実行委員会の安岡卓治実行委員長(日本映画大学教授)は「内容は、個性や多様性を尊重する、これまでの映画祭の在り方を継承している。映画の独自性を支持し、四半世紀続き応援してもらっている市民や、まちに還元したい」と話した。

 同祭は、市の「芸術のまち構想」の一環として1995年に開始。ボランティアの市民スタッフが企画、運営の中心を担い25回開催してきた。

 昨年の開催時、共催する川崎市の懸念により、同祭の基幹組織はドキュメンタリー映画「主戦場」の上映取り止めを決定。映画祭側の対応に、映画人や市民からは表現の自由を問う批判が挙がり、公開討論やスタッフ間の話し合いを経て、最終日に再上映となった。この件について安岡実行委員長は「再上映によって、しんゆり映画祭の首の皮1枚がつながった印象」とコメントした。

 映画祭後、基幹メンバーは引責辞任し、映画祭は一時存続の危機にもなった。しかし、ボランティア有志が新たな運営組織を立ち上げ、今年新体制が稼働した。

「問題を明らかに」

 映画祭の再生として、「主戦場」上映取り止め問題を検証するオンライン公開講座を実施。全6回に渡り、ゲストと経過検証や映画祭の役割を考える。安岡実行委員長は「意思疎通の場、そして映画を学べる場が必要」とし、「市と二人三脚で歩む体制は続けながら、背後にある問題を洗い出すべき」と語った。

麻生区版のトップニュース最新6

白崎選手、プロ初勝利

麻生区内勤務ボクサー

白崎選手、プロ初勝利 スポーツ

日中は「じゅんき先生」

11月27日号

サプライズで壁に投影

新百合ヶ丘駅周辺

サプライズで壁に投影 社会

点灯式代替でメッセージ

11月27日号

地域問題、解決の場に

介護施設「支え合い」

地域問題、解決の場に 社会

スペース開放し活動支援

11月20日号

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク