麻生区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
始球式に出演する「アイデンティティ」
始球式に出演する「アイデンティティ」

18日名古屋戦はカワハロ「ぜってぇ来てくれよな」

 目下、サッカーJ1リーグを独走中の川崎フロンターレ。10月18日(日)にはホーム等々力陸上競技場で名古屋グランパスを迎え撃つ。午後7時キックオフ。この試合は入場制限が緩和され、1万2千人まで入場できる。これにともない、チケットが会員先行で10月12日(月)から、一般販売は10月14日(水)から始まる。

 試合当日は「KAWAハロー!ウィンPARTY(カワハロ)」と銘打った催しを実施。「コロナ禍で沈んだ世の中にフロンターレから元気、勇気、そして笑顔を届ける魔法の企画」と同クラブは来場を呼び掛ける。

 始球式には、お笑いコンビ「アイデンティティ」が登場し、試合前にメインスタンド前広場で繰り広げるスペシャルステージとともに盛り上げる。コンビの一人、田島直弥さんは、川崎在住歴もあり、川崎フロンターレサポーターであることをツイッターで発信している。始球式について「みんなぜってぇ見てくれよな」との声も聞こえてきそうだ。また、ロッテのお菓子がもらえる「キシリトールランチャー」などのアトラクションやハロウィンにちなんだこの日限定のスペシャルグルメも楽しめる。参加方法やイベントの詳細は同クラブ公式HP(https://www.frontale.co.jp/)参照。
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月27日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

11月13日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【5】 「鶴見寺尾絵図」【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク