麻生区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

会場いっぱいに木の響き すすきだ音楽隊が演奏会

文化

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
薄田さん(右)らメンバー
薄田さん(右)らメンバー

 バイオリンとマリンバの音楽ユニット「すすきだ音楽隊」による「ホッと・コンサート」が5日、しんゆり交流空間リリオスで行われた。

 読売日本交響楽団のメンバー薄田真さんと、打楽器奏者のすすきだ真樹さん夫妻を中心としたユニット。2013年から宮城、岩手、福島、熊本など被災地で演奏会活動を続ける。

 リリオスでは初めてのコンサートとなった今回。打楽器奏者の橋村あいさんを招き、2部制で実施した。2回目には約20人の観客が訪れた。まずはエルガー「愛のあいさつ」から始まり、「熊蜂の飛行」「チャルダーシュ」「炎(ほむら)」など、8曲を披露した。観客はドリンクを飲みながら、バイオリンとマリンバ、打楽器によるやわらかな木の音色を、ゆったりと楽しんでいた。

 観客の1人は「全部の曲が印象に残ったが、『炎』のアレンジが良かった。建物と楽器の響きがとてもあっていた」と感想を語った。薄田さんは「麻生区内ではこれまで演奏する機会があまりなかったが、近所の方が気楽に来られていて終始温かい雰囲気だった」と笑顔で話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook