麻生区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

地域でボランティア活動を続ける 竹市 八郎さん 万福寺在住 84歳

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena

顔の見える交流が秘訣

 ○…退職後、初めて地域と向き合った。町内会長を務め地域とつながり、地域の小学校の周年事業でヤマユリの植栽を始め、町内会のイベントが区全体へと広がり和凧の会を立ち上げたりと、ボランティア活動を続けてきた。会社勤めのときはまさに「寝に帰ってくるだけ」だった街づくりに心血を注ぐ。

 ○…群馬県藤岡市生まれ。8人きょうだいの末っ子。実家は農家で、「田んぼの中で育ったようだよ」と笑う。川をせき止めて魚釣りしたり、凧を揚げたりして遊んだ。大学進学のため上京し経済学を学んだ。卒業後、証券会社へ。高度経済成長真っただ中だった。調査部に配属され、「将来有望な会社を探し、資金調達などの手伝いをする。会社の命運がかかるから毎日が緊張の繰り返し」と振り返る。

 ○…仕事柄、企業トップの人たち会うことが多く、話を聞いてもらうために情報を集め、さらに勉強した。「魅力的な人とたくさん出会えた。そういう人たちとの会話も私の財産」。取締役となり、その後、知人の紹介で株式上場を目指す会社で財政の整理、資産調達などを取り仕切り、64歳で一線を退いた。

 ○…「次は何をしようか」と思ったときに町内会の役が順番で回ってきた。地域活動に必要なのは「顔の見える交流」と感じた。イベント来場者にも役割を与える工夫をした。「そうすると次も来てくれ、声を掛けやすくなる。さらに輪が広がっていく」と話す。地域ことだけでなく、麻生市民交流館「やまゆり」の立ち上げに尽力してきた。「バブル後を『失われた20年』と言うが、協働や市民活動など新たな価値が誕生した20年でもあった」と実感する。「役立てることがあれば、新しいことを始めたい」とまだまだ現役。

麻生区版の人物風土記最新6

秋葉 達也さん

4月1日付で麻生消防署長に就任した

秋葉 達也さん

区内在勤 58歳

4月16日号

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

安藤 圭太さん

若手農家グループ「畑から台所へ。」のメンバーでイチゴ農園「スローファーム」を営む

安藤 圭太さん

片平在住 34歳

4月2日号

佐々木 直子さん

4月1日に区役所等で配布される「まちのひろば」の編集を手掛けた

佐々木 直子さん

千代ヶ丘在住 60歳

3月26日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

宮前区在住 83歳

3月19日号

秋元 茂さん

プロの写真家として、しんゆり交流空間リリオスで写真教室の講師を務める

秋元 茂さん

高石在住

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter