麻生区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める 築野 俊雄さん 片平在住 71歳

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

文化の土壌で励むは能楽

 ○…無形文化遺産にも登録され650年以上続く舞台芸術、能楽を楽しむ市民サークル「あさお謡曲研究会」。麻生市民館のサークル祭で成果を披露するほか、3月には能楽体験教室を実施。区民に伝統芸能の魅力と楽しさを伝えている。かつて同会の入門講座で「師匠の声がすばらしい」とほれ込んだ。同時に参加していたメンバーと2012年、夜間に稽古を行う「夕べの会」を発足。現在は仲間も増え、月2回、謡や舞の稽古に励んでいる。

 ○…東京の城南地区で育つ。歌舞伎や日本舞踊、長唄などに親しむ家族の影響もあり、幼いときから古典芸能に触れてきた。「特に民謡を歌うことが好きだった」と目を細める。総合電機メーカーを定年退職後、里山保全や芸術祭「アルテリッカしんゆり」など、地域ボランティアに携わるように。麻生に住んで35年。変化していく街並みも見てきた。

 ○…発足当初は「こういう芸能があるんだ」と新鮮に感じていたが、8年続け今ではすっかり能楽のとりこに。元の民謡好きも手伝い、大きな声を出して歌や台詞を発するのが楽しい。好きな作品は「羽衣」。「天女の羽衣や謡が見事で、演じていて楽しい」。発声を鍛えるため、自宅の風呂で練習することもあるとか。家庭菜園で土いじりすることも心安らぐなひとときだ。「民謡、園芸、能が三大趣味」と笑みこぼす。

 ○…ボランティアや趣味の活動を通して感じているのは、「麻生には、いろいろやってみたいと思っている人が多い。そんな土地の雰囲気が、自分の行動も後押ししているのかも」。夕べの会代表としては「もう少し若い世代にアピールしていきたい」と展望を掲げ、芸術のまちと伝統芸能の発展に働きかける。

麻生区版の人物風土記最新6

山田 スミ子さん

「劇団わが町」団員で12月3日〜5日上演の「とんでもない大晦日」に出演する

山田 スミ子さん

白山在住 

12月3日号

樋口 誠さん

今年度の麻生区地域功労表彰を受賞した

樋口 誠さん

王禅寺東在住 80歳

11月26日号

白川 雛吏(ひより)さん

来年1月の川崎市「成人の日を祝うつどい」のポスターデザインに選ばれた

白川 雛吏(ひより)さん

はるひ野在住 20歳

11月19日号

間渕 秀和さん

麻生市民館で活動し今年25周年のサークル「男の自慢料理」で会長を務める

間渕 秀和さん

多摩区在住 68歳

11月12日号

石本 力さん

「税を考える週間」キャンペーンを行う川崎西税務署の署長を務める

石本 力さん

麻生区在勤 59歳

11月5日号

小松 正治さん

「香林寺五重の塔・生命の体操同好会」で指導する

小松 正治さん

千代ヶ丘在住 72歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook